アトピーの方でなるべくステロイドを使わないでアトピーを完治させたいという人はとてもたくさんいるんじゃないかな?

 

「ステロイド使うと副作用が恐いしなるべく使わない治療をしたい」

「でもお医者さんはステロイドを使いましょうって言うし」

「どっちが正しいんだよ!」って混乱しちゃうよね (´・ω・`;)

 

  ここでは

  1. ステロイドを使うことのメリットとデメリット(副作用も込みで)
  2. なるべくステロイドを使わないでアトピーを治療していく方法

この2つについて解説していきます。

スポンサーリンク

ネコさん

ステロイドって副作用が恐いって言われてるからなるべく使いたくないなぁ。

ネコさん

でもステロイド塗ると痒みと赤みがすぐに治まるからついつい使っちゃうんだよね・・。

先生

実は意外とステロイドの副作用とか使い方を誤って認識している方が多いのが現状です

先生

ステロイドの特性と使い方を知ってから使うかどうか決めていきましょうね。

アトピーを治すことを目的にステロイドを使うか使わずに治療をしていくか悩むと思うけど、実はステロイドを使って治った方がいれば使わずにアトピーを治した方もいます。

 

これは「ステロイドを止めたからアトピーが治った」ということではありません。

アトピーが治ったのはアトピーを治すための改善を行ったからです。

 

アトピーを治す為の改善を行っていくにあたり、ステロイドを使いながら取り組むのか使わずに取り組んでいくかっていう事です。

 

ステロイドを使ったことが原因でアトピーになったならステロイドを止めれば治るけど、アトピー患者はアトピーになったから医者が勧めるステロイドを使っているんです。

 

だから単にステロイドを止めるだけじゃ、ステロイドを塗る前の状態に戻るだけで何も変わらないっていうこと。

 

アトピーを治すならステロイドのことばかり考えてても治らないし、別の取り組みが必要だっていうことを認識してください^^

ステロイドを使うことのメリット

アトピー患者がステロイドを使う目的は、強烈なかゆみと炎症を抑えるためですよね。

僕も幼少の頃はアトピーが酷かったから毎日のようにステロイドを使っていたし、ステロイドを使わないなんて選択肢は考えられなかった。

 

アトピーは免疫が体に侵入した何らかのアレルゲンによって過剰に反応・攻撃している状態で、このときに痒みと炎症が起きます。

ステロイドを塗るとこの免疫の働きを抑えることになるから、強い痒みと炎症が一時的に静まる仕組み。

 

ステロイドを塗れば痒みと炎症が止まるから引っ掻いて皮膚を傷つけることが抑えられてアトピーの悪化と菌による感染症を防ぐことができる。

 

かゆみと炎症が治まると体が楽になるし周りの人の視線も気にならなくなるからストレスが軽減されますね。

ステロイドを使うことのデメリット(副作用)

ステロイドを使わないでアトピーの治療をしようとしているのなら、きっとステロイドを使うことによる副作用を心配しているんだと思う。

 

だからステロイドを使うことのデメリットは主に「ステロイドの副作用」の事を想像すると思います。

 

  • でもステロイドの副作用ってどんな症状か知っていますか?
  • どれくらいの量と期間塗ったら副作用が起こるか知っていますか?

 

ステロイドの副作用っていうのは具体的には「皮膚が薄くなる」っていう症状です。

どういうことか?

 

長期に渡って連続でステロイドを塗り続けると皮膚にある「線維芽細胞(若返り細胞)」っていうものが萎縮します。

そうすると皮膚が薄くなってボロボロになってちょっと触っただけで血が出るようになる。

 

でもこれはあくまで「ステロイド外用薬を長期に渡って連続で塗り続けた場合」の話で、萎縮していない皮膚に期間をを空けながら炎症が起きたときに塗る分には心配しなくても良いです。

 

そして萎縮した皮膚は薬を塗らない期間(休薬期間)を設けることで徐々に回復してくるから安心してね^^

スポンサーリンク

ステロイドを使わないでアトピーを治療するには?

毎日ステロイドを塗っていて良くなったり悪くなったりを繰り返している人は、ステロイドを塗ること自体に疑問を持っているかもしれませんね。

 

もしくはアトピーは治らないものだと誤った思い込みで、ただ炎症を抑えるために毎日ステロイドを塗り続けている人もいると思う。

 

でもさっきも説明したとおり、ステロイドを塗ることがアトピーの改善や完治には繋がらないし関係ない。

あくまで一時的に症状が良くなるだけ。炎症を体の中に押し込んでいるだけです。

 

ステロイドを長期間使い続けている人が一気にステロイドを断つと高い確率でリバウンドが起きて危険なので、

徐々にステロイドを減らしながら最終的に離脱できるようにもって行くのが良いと思う。

 

症状が酷い人は気合を入れて一気にステロイドを止めても、激しいリバウンドが肉体的・精神的に辛くてほぼ失敗します。

 

僕も昔経験したけどあれは地獄。

全身傷だらけ、汁だらけでゾンビ状態。

皮膚がひび割れて寝返りすらできないし、会社の階段で膝を曲げるのが超辛かった。

 

皮膚に黄色ブドウ球菌が増殖して感染症のリスクも高くなるし、日常生活に支障が出るレベルになる(あくまで重度の場合ね)

 

それでもステロイドを使いたくない!」っていう人は無理に使う必要な無いです。

下で解説する体質改善方法で徐々に本来の、ステロイドを使わなくても痒みや炎症が出ないような体質にしていくことができます。

 

でもこれは継続しないと意味ないし、すぐには効果も出ない。

体質を改善していくのは時間がかかるし根気がいる。

強い意志を持って継続する必要があるんです(。╹ω╹。)

アトピーの症状が酷い場合の治療方法

何回も言うけど、

アトピーの症状が酷い場合はいきなりステロイドを止めると、今までステロイドで抑えていた免疫反応が爆発して激しいリバウンドが起きるからやめた方がいい。

 

まずは症状に合った強さのステロイドを適正量塗ることで炎症を抑えます。

 

ちなみに毎日ステロイドを塗っているのに良くならないならステロイドの使い方を間違っている可能性がありますね。

 

大事なことだから1度こちらの記事で正しいステロイドの使い方を確認してください。

知らないと悪化する!アトピー性皮膚炎の薬の正しい塗り方

 

そしてなるべく炎症がぶり返さないようにコントロールしながら体質改善を目的とした根本治療を並行して行っていきます。

 

具体的には食事を中心とした体質改善方法だけど、食べ物とか食べ方で痒みと炎症がかなり抑えられるようになります。

アトピー性皮膚炎の治療に食事療法は効果抜群でした!

 

そうすることで初めて、

アトピーの痒みと炎症が起きにくい体質に変化させていくことができるわけです。

 

アトピーの症状が軽い場合の治療方法

アトピーの症状が軽い場合も、基本的には体質改善をしていかないとステロイドの離脱は難しいから食事療法は必要です。

上のリンクの記事を参考に取り組んでみてください。

 

アトピーの症状が軽い人はステロイドを止めても激しいリバウンドが起きないことがあります。

 

僕は幼少の頃から20年以上もステロイドを使ってきたけど、体質改善によって症状が治まってきました。

そこでステロイドを止めてみたんだけど、リバウンドは起きなかったです。

 

ステロイドを使わなくてもいいように健康的な体にしていくことで徐々に痒みも炎症も治まって、ステロイドを止めてもリバウンドも起きない。

 

皮膚は乾燥すると痒くなるから、アトピーは酷くないけど乾燥が気になる人は保湿が必要です。

僕も使い続けているアトピー専用の保湿剤を下の記事で紹介してるから必要なら使ってみてね。

アトピー肌専用の無添加保湿ジェル

 

あなたやあなたの大事な人のアトピー症状を最短で改善する為の「体質改善」の方法を無料のメールマガジンで紹介していますので本気で治したい方のみ下のフォームよりご登録ください^^

ブログでは紹介していない改善方法や実際に取り組んだ方の改善例なども全て公開し、順を追って丁寧に無料で解説しますよ!

 

スポンサーリンク