当サイトでも紹介しているメディプラスゲルがリニューアルされて新しくなりました。

 

旧メディプラスゲルと比較して保湿効果がアップしているということなので詳しく見ていきましょう。

愛用者にとっては気になるところですね^^

 

見た目や使用感で変わったところ

下の写真の左側が旧品で、右にあるのが新しくなったメディプラスゲルです↓

ボトル容器のボーダーのデザインの色が細く薄くなりましたね。

ポンプの色はねずみ色に変わり、従来どおりポンプのキャップが付いているので衛生的です。

 

内容量は両方とも180gと変わりないんですが、1回の使用量目安が2~3プッシュから1~2プッシュに変更されています。

ポンプが改良されているようですね!(。╹ω╹。)

 

両方ともポンプから出して見比べてみました↓

色はほとんど変わらないですね。

新しい方が今までよりも柔らかくなめらかになった印象です。

 

製品の中に入っていた空気も少なくなっていますが、これはポンプの改良なのか製品の改良によるものなのかはわかりません↑

 

アトピーの方は関節の辺りに症状が出やすく、炎症が治っても間接の内側が乾燥しやすいです (´・ω・`;)   

肘の関節の内側が乾燥しているので塗ってみました↓

 

付けた後は伸ばしていくとサラサラになるのでベタつきは無いし、長袖の服とか着ても服を汚さないで済みます。

塗り終わってしばらく経った後は肌がやわらかくなった感じがします。

肌が潤うのはもちろんだけど、旧メディプラスゲルよりもジェルが柔らかくなった分塗りやすくなっていますね。

 

入っている成分で変わったところ

新しくなったメディプラスゲルは旧品と比べて入っている成分に変更点がありますので見ていきましょう。

 

増えたもの

セラミドNG、セラミドAG、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、、水溶性プロテオグリカン、マンダリンオレンジ果皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、アケビエキス、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリド、DPG、プロパンジオール、ペンチレングリコール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、水添レシチン、フィトステロールズ、水酸化Na、

 

減ったもの

ヨーロッパブナ芽エキス、カワラヨモギ花エキス、ロイシン、ビフィズス菌培養溶解質、アスパラギン酸Na、セイヨウトチノキ種子エキス、オニイチゴ根エキス、プラセンタエキス、ラウロイルラクチレートNa、、チロシン、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、コレステロール、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、

 

成分的には少し何かをプラスした程度かと思っていたんですが、リニューアルにあたり除外したものもかなりたくさんありました。

 

セラミドやヒアルロン酸などがプラスされて保湿効果が高くなったのは間違いないです。

 

単に保湿成分を加えるだけでなく現存の成分との組み合わせなども同時に見直すことによって、

保湿効果や肌への刺激を減らすことに成功しているのだと思います。

まさに企業努力の賜物ですね。

 

新しいメディプラスゲルはお肌にやさしく保湿力がアップ

旧品では塗った後に若干ヒリヒリしたりかゆくなる事がありましたが、

新しい方は塗った後でもあまり刺激が感じられないような気がしました^^

(あくまで個人的な感想です)

 

お肌の状態にもよるけど成分の変更による効果はありそうですね。

メディプラスゲルは代表的な以下の7つの添加物が完全に排除されて無添加となっています。

  • 石油系界面活性剤
  • 防腐剤
  • アルコール(エタノール)
  • 鉱物油
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • シリコン

アトピーなどの敏感肌にはこれらは大敵でかゆみの原因になるので、使われていないのは非常に助かります^^

アルコールや香料なんかはモロにかゆくなるから絶対に避けたいところ。

 

また、メディプラスゲルには以下の保湿成分が配合されています。

  • 4種類のヒアルロン酸
  • 2種類のコラーゲン
  • 14種類のアミノ酸
  • ビタミンC
  • その他の美容成分

 

今回のリニューアルに伴ってヒアルロン酸の種類が増えました。

これによって更に高い保湿力が出ていますので、乾燥しやすい冬の時期でも高い保湿力を発揮します。

 

新しいメディプラスゲルを使った方の口コミはこちらからご覧になれます。

 

今だと通常価格の3,996円から1,000円引きの2,996円でお求めになれます。

メディプラスゲルの公式サイトはこちらからどうぞ