単純にステロイドを止めるだけの脱ステロイドは失敗する可能性が高いです。

ステロイドを塗るのを止めた瞬間に激しいリバウンドが全身に出て耐えられなくなるのが理由ですね。

 

すでに子供の脱ステロイドに取り組んでいる方には気をつけてほしい事があります。

 

アトピーのお子様をお持ちの方は、子供のうちになるべく早く完治させてあげたいという気持ちが強いはずですね(。╹ω╹。)

 

今回は「子供の脱ステロイドのやり方で失敗しない為に必要な知識」について解説していきます。

 


ネコさん

一気に薬止めたら全身真っ赤になったよ!泣

先生

ネコさん!無理な脱ステロイドは成功しないので一旦止めてこの記事を読んでください。

スポンサーリンク

ステロイドは炎症を抑えるだけでアトピーは完治はしない

お子様のアトピーや皮膚炎を治してあげたくて、医者に行くと毎回ステロイドを処方されてそれを子供に塗り続けてきたと思います。

そしてあなたはこう思ったんじゃないでしょうか?

 

このままステロイド薬を塗り続けていてこの子のアトピーが治るのかな? (´・ω・`;)   」

 

そう思い自分で色々調べた結果、ステロイドは炎症を一時的に抑える役目でアトピーを治す薬じゃないことを知り、脱ステロイドという結論に至ったのではないかと思います。

 

そのとおりで、ステロイドは免疫反応を抑制させて炎症を体に引っ込めるだけでしばらくするとまた皮膚にかゆみと炎症が出てきます。

 

見た目では皮膚がきれいになるから治ったかのような錯覚になるけど、炎症を強制的に抑えているだけだから治ってはいません。

 

今現在あなたがステロイドの事をあまり知らずにお子様に塗り続けているようであれば後に後悔することになるかもしれないので、

後で下の記事でステロイドについて理解を深めてください^^

アトピー性皮膚炎の治療に使われるステロイドと副作用

 

ステロイドを長期的に塗り続けるとだんだん薬が効かなくなってきて、さらに強いステロイドを処方されるようになり、

ある一定量のステロイドが体に蓄積されると効果がなくなってきます。

 

そして一気に脱ステロイドを開始すると、今までステロイド外用薬で抑えられていた免疫が爆発して皮膚にかゆみと炎症が出てきて全身真っ赤になる。

 

僕は間違った脱ステで全身がゾンビのような肌になったことがあった。(完全に失敗です)

引っかき傷と炎症と汁(浸出液とかリンパ液と言われるもの)で全身の肌が無茶苦茶な状態になり地獄を見た゚゚(゚´Д`゚)゚

 

ステロイド外用薬を減らす際は、一気に止めたりしないで徐々に減らして様子を見ていくようにしてください。

 

ステロイドは多用を控えて一時的にかゆみと炎症を抑える目的で使用し、完治を目指しての根本治療に取り組みましょう。

スポンサーリンク

子供の脱ステロイドは親子の共同作業

とくに手のかかる幼いお子様をお持ちの方は子供に付き添って一緒に脱ステロイドに取り組む必要があり、親の協力が必要不可欠です。

 

幼い子供は痒みを我慢することができないから掻き毟ってしまうし、そうするとさらに皮膚の炎症が悪化するから注意が必要です。

 

脱ステでステロイドの使用を止めると湿疹がひどくなって痒みも増すから夜も寝ながら掻きだして痒みで泣き出してしまうこともしょっちゅうありますね。

 

痒がって眠らないときは代わりに少し掻いてあげると眠ってくれる。

背中など手の届かないところを痒がっている場合は冷たい水で塗らしたタオルで押さえるなどして痒みを和らげてあげてください^^

 

小さい子供は痒みを我慢ができないから一気にステロイドを断ってしまうと強烈な痒みと炎症でストレスが溜まり余計にアトピーの湿疹を悪化させて失敗するので注意してください。

 


 

僕は2度ほど脱ステロイドによって全身に強烈なかゆみと強い湿疹が現れたけど、今はもう長い間全くステロイドを使っていません。

 

体質改善することで痒みと炎症が治まったからステロイドを塗る必要が無くなったんです。

 

別にアトピー性皮膚炎の改善と完治は脱ステロイドを優先しなくても可能ですよ^^

毎日の習慣でアトピーの湿疹や痒みを抑える方法としては食事療法に取り組むのが良いです。

 

まず、毎日お菓子を食べさせているならお菓子を止めます。

 

ポテトチップスなどのスナック菓子は酸化した脂などの「リノール酸」が含まれていますし、

チョコレートには痒みを引き起こす「ヒスタミンが含まれていて痒みの原因になるのでアトピーの皮膚炎症がある間は食べない方がよいです。

 

子供が小さいとお菓子が食べられなくて拗ねるかもしれないけど、これを食べたらかゆくなっちゃうよ?と教えてあげて納得させてください。

 

かゆいの治すために一緒に頑張ろうね^^と励ますのが大事^^

夜中にかゆくて泣き出すとあなたも睡眠不足になるけど1番辛いのは当事者の子供です。

 

食事の量も大事で、腹6分目から8分目で和食を中心としてよく噛んでから飲み込ませるようにしてください。

これは消化吸収を助けるためだけど、詳しくは下の記事で解説しています。

アトピーの食事療法でストレスを溜めずに効果を上げる方法

 

僕は基本的にステロイドを離脱するだけの無理な脱ステロイドをする必要は無いと思う

 

理由はほぼ失敗するっていうのと、無理につらい脱ステをしなくても食事を中心とした体質改善でアトピーが良くなっていくからです。

 

脱ステロイドするのであれば激しいリバウンドを穏やかにするために「活性酸素の除去」と「ミネラルの摂取」をすることが必要です。

詳しくは無料のメールマガジンで解説しています。

 

子供の脱ステロイドは長期間ステロイドを使い続けてきた大人と比べて比較的短い期間で終わらせることができる傾向にある。

(ステロイドの使用期間が短い分、体に蓄積されているステロイドの量も少ないため)

 

大人だと1~2年位かかる場合もあるけど小さい子供だと2~3ヶ月で脱ステロイドに成功した事例もあります。

 

使ってきたステロイドの種類と期間で脱ステロイドの期間も変わってくるけど数ヶ月くらいは期間が必要だと思うから忍耐は必要ですね。

 

脱ステロイドは炎症が全身に広がった後、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す特徴があるから、

一時的に皮膚の炎症が良くなったり悪くなったりしても一喜一憂しないで長い目で見て取り組むことが大切。

 

食事療法などの体質改善と並行することによって徐々にステロイドのいらない体へと変化していくから親子ともに頑張って乗り切りましょうね(。╹ω╹。)

 


PS

僕が幼い頃は脱ステロイド自体が世間での認識が低く、とにかくステロイドを塗ることだけが推奨されてきました。

 

お医者さんの言うことが正しい」と当時、幼い僕は思っていたから言われるままステロイド外用薬を塗ってたけど、

結果的に大人になるまで治らなかったわけです (´・ω・`;)   

 

アトピー性皮膚炎に関しては「はっきりとした原因が解明されていない」というのが世の認識だから、

とりあえずステロイド外用薬や免疫抑制剤を塗ってかゆみと炎症を防ぐわけですね。

 

でもそれって一時しのぎに過ぎなくてしばらくすると、またかゆみと炎症が起こって皮膚が赤くなるわけ。

 

アトピーに関しては特に当てはまるけどいろんな病気に関してもただお医者さんの言いなりになるんじゃなくて、

自分でいろいろ調べて自分なりの考えで行動することがとても大切なんじゃないかな?と思う。

 

その結論が主治医の主張と同じなら良いけど別の意見があるならしっかりと話し合ったり相談した方が良いに決まっています。

 

僕は幼い頃に正しい治療をしていれば短期間の我慢で、大人になるまでに治っていたのかなと思うとかなり残念な気持ちにもなりましたね(´・ω・`;)

 

でも今は危険でつらい脱ステロイドではなくて食事療法を含めた体質改善によってアトピーを治すほうがストレスも無く健康的に無理せず取り組めることを知りました。

※アトピー性皮膚炎に食事療法は効果抜群でした!

 

長年苦しんできた自分の経験と知識を発信することで、みなさんのアトピーの完治を早めることができれば今までの苦労は無駄にはならないのかな?とも思えますね^^

 

正しい脱ステロイドの方法は無料のメールマガジンの中で解説しますね^^

 

ネコさん

無理して薬を止める必要無いんだね!

先生

ただ、脱ステは正しいやり方をすれば完治が早まります。

※初めての方はこちら

スポンサーリンク