乾燥肌の方であれば、日頃から保湿剤を塗っていると思いますが、じつはその保湿剤の塗り方で効果が大きく変わってきます。

今回は、効果が高まる保湿剤の正しい塗り方について解説します^^

 

基本的にアトピー肌の方を対象にした保湿剤の塗り方を解説するんですが、ただの乾燥肌の人にも為になる記事なので読んでもらえたらなと思います。

 

先生

ネコさん、保湿剤の正しい塗り方を知っていますか?

ネコさん

え?いや特には、適当に塗ってるけど・・。

先生

たかが保湿剤でも正しい塗り方がありますのでここで学んでくださいね

ネコさん

そんなに大事なの?じゃあ解説お願いします!

スポンサーリンク

皮膚の乾燥とかゆみのメカニズムを簡単に解説

人の皮膚には外部からの刺激とかウイルスから肌を守るための「バリア機能」っていうものがあって、このバリア機能が正常に働くことで健康な肌が保てるわけです^^

これを図でわかりやすくしたのが下の図ですね↓

引用元:http://mcort-f.jp/measures.html

肌の水分量を適切に保って肌のバリア機能を維持させる部分が「角質層」と呼ばれる部分で、その中にある「セラミド」とか「天然保湿因子」が主に肌を外部の刺激やら菌からバリアして守っています。

 

そうすることで「かゆみの知覚神経線維」(C線維とも呼ばれる)皮膚の深いところに納まるので刺激されなくて、かゆみは出ません。

これが健康な皮膚の状態ですね^^

(ちなみに表皮全体は2mm程度の厚さで、「角質層」は0,02mmっていうとっても薄いものです。)

 

乾燥肌やアトピー肌の人は生まれつき「セラミド」とか「天然保湿因子」が少ないことが原因で、肌の保湿機能が低いので乾燥しやすい肌になっています。

 

そうなると肌のバリア機能が崩れてアレルゲンなどが角質層を通過しやすくなると同時に「かゆみの知覚神経線維」が皮膚の上のほうまで伸びてくるんですね↓ (´・ω・`)

これがかゆみの原因ね。

引用元:http://mcort-f.jp/measures.html

そうなることで、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまって「かゆくなる」っていうことです。

 

かゆくなると掻いちゃうんだけど、掻くことでもっと皮膚が傷ついて破壊されて乾燥が進んでかゆくなるし、ばい菌も入りやすくなって炎症が悪化することになるのね(´・ω・`;)   

 

逆に言うと、しっかりと肌のバリア機能が働けば乾燥が防げるし、「かゆみの知覚神経線維」が下に下がるからかゆくなりにくくなるんです。

 

保湿剤の役割と効果

保湿剤を塗る目的は「皮膚を乾燥させないこと」だけど、具体的に言うなら乾燥肌を防いでバリア機能を維持してかゆみの神経が上に伸びるのを防ぐことです。

 

C線維(かゆみの知覚神経線維)は、

乾燥すると表皮近くまで伸びる

正常な状態になると真皮まで戻る

こういう特性があるんで、かゆみを防ぐなら保湿剤を塗って肌のバリア機能を高めてあげるのがとても有効なわけなんです(。╹ω╹。)

スポンサーリンク

強い炎症が起きている所に塗るのは逆効果

アトピーの方に言いたいんですけど、乾燥しているといっても強い炎症を起こして赤くなっているところには保湿剤は塗らないほうが無難です。

かえって保湿剤が刺激になってかゆくなる事があるので逆効果ですね。

 

赤くなって炎症を起こしているところには一時的に「ステロイド」を塗って炎症を抑えてください。

ステロイドの正しい塗り方は以下の記事で詳しく解説しています。

知らないと悪化する!アトピー性皮膚炎の薬の強さと正しい使い方

お風呂上りは特に乾燥する

お風呂から上がって20分を過ぎると、お風呂に入る前よりも皮膚が乾燥してしまいます。

30分後にはお風呂に入る前の半分の水分量しかありません。

(情報の引用元:http://antiaging.sora-1.net/article/66000563.html)

 

この数字はおそらく一般の方の正常な皮膚のデータなので、アトピーの方や乾燥肌の方はもっと早く乾燥が進むでしょう。

 

となると、風呂上りにすぐに保湿剤を塗りたくなるんだけど、風呂から上がってすぐは汗をかくから保湿剤を塗っても汗で流れてしまうんですね (´・ω・`;)   

なので、汗が引いた後に塗るのがいいと思います。

特に乾燥しているところには、何回か重ねて塗ると保湿剤の効果が高まりますね。

 

ちなみに、お風呂の温度はあまり熱くない方がいいです。

熱いお湯は必要以上に肌の皮脂を落としてしまって、風呂上りに余計に乾燥します!

タオルで力を入れてゴシゴシ擦るように洗うのも必要以上に皮脂を落とすことになって肌のバリアが崩れて余計に乾燥するので優しく洗いましょう。

 

あと、熱いお湯は皮膚の刺激になるので注意するのと、勢いの強いシャワーは顔とかに当てると刺激になります。

お湯はぬるいほうが肌に良いですよ(。╹ω╹。)

保湿剤を塗るときは手を清潔に!

清潔じゃない手で保湿剤を皮膚に塗ると感染症の原因になります。

アトピーの方の皮膚には「黄色ブドウ球菌」という菌が繁殖している可能性が高く、症状がひどい人ほどその傾向が強いです。

 

この菌自体がアトピーを悪化させている原因でもあるんだけど、この菌が感染症の原因になることがよくあります。

 

僕は過去に「ヘルペス」に感染したことがありました。

「ヘルペス」って言ったら口にできる「口唇ヘルペス」くらいしか知らなかったんだけど、なんと額にできました (´・ω・`;)   まさかおでこにヘルペスができるとは・・。

 

おでこのブツブツを皮膚科で調べてもらったら「ヘルペスですね、アトピーの方はよくありますよ^^」って言われました。

 

保湿剤を皮膚に塗るときは、清潔な皮膚に清潔な手で塗るようにしましょう^^

お風呂上りは皮膚も手も清潔だからいいけど、朝とか昼に塗る場合は手は石鹸できれいに洗ってください。

 

体は、できればシャワーをしてきれいにしたいところです。

アトピー肌に先に塗るのはステロイド?保湿剤?

アトピーの方であれば、皮膚が赤くなっているからステロイドを塗りたいけど、乾燥してるから保湿剤も塗りたいという人もいますね。

さっきも言ったけど、特に風呂上りは皮膚の乾燥強くなります。

 

僕の経験上、炎症が起こっていて皮膚が赤くなっているなら、先にステロイドを塗ってあげるのが良いですね。

皮脂が落ちていてバリア機能も弱っているからステロイドの吸収が良いのでよく効きます。

 

炎症が軽いようなら先に保湿剤を塗ってあげて、上からステロイドを塗る方法も良いですね。

お風呂上りの肌は薬の吸収率が良いので、あまり炎症を起こしていない皮膚に必要以上にステロイドを吸収させるのを抑えるためです。

 

皮膚が赤くなっていなくて、見た目乾燥しているだけの軽い炎症なら保湿剤だけでも効果があります。

 

じゃあ保湿剤はどれを使ったらいいの? (´・ω・`;)   

ってことだけど、

 

僕がおすすめする、アトピーの方にも使える保湿剤があるんですけど、詳しくはこの記事で解説しています。

アトピー肌の乾燥におすすめの保湿剤「アクアゲルマジェル」

実際に僕が今でも使い続けている保湿剤です^^

コンテンツ一覧はこちら

 

スポンサーリンク