アトピー性皮膚炎を完治させるにはステロイドの使用を減らす努力と体質改善が必要です。

 

ステロイドの使用期間によって脱ステロイドの期間も変わってくるから正しい方法で脱ステを行っていかないといけない。

 

今回は「脱ステロイドの期間とリバウンド回数の目安」について解説していきますね^^

スポンサーリンク

ネコさん

1回脱ステロイドにチャレンジしたけどリバウンドが辛くて失敗しちゃった。

先生

脱ステロイドはちゃんとしたやり方があって、その方法で取り組まないと失敗しますよ。

先生

初めに脱ステロイドにかかる期間やリバウンドの回数を知っておくのが良いでしょう。

アトピーの脱ステロイドの期間はどれくらい?

アトピーの脱ステロイドの期間は、現在のあなたのアトピーの症状とステロイドの使用期間によって異なってきます。

基本的に軽度であれば脱ステの期間は短く、症状が重く重症であるほど脱ステ期間は長くなると思ってください。

 

そして脱ステロイドのステップとしては3つに分けられます。

薬を徐々に減らしていく(減薬期)

     ↓

リバウンド(毒素排出期間)

     ↓

ステロイドが抜けて完治へと進む

 

※これから解説する脱ステの期間とリバウンド回数はあくまで一例です。

体質や生活習慣、これまでのステロイドの使用方法によって変わってきます。

脱ステロイドのリバウンドの回数と完治までの期間は?

人によって症状の軽さや重さ、リバウンドの度合いが違うからあくまで目安だと考えてください^^

 

ステロイドの使用が3年未満の軽症であればリバウンド(毒素排出期間)が1ヶ月、回復期間が4ヶ月、

完治まで1ヶ月の計6ヶ月ほどで症状が改善されていきます。(リバウンドの山は1つ)

 

ステロイドの使用が6年未満で中症ならリバウンド(毒素排出期間)が6ヶ月、回復期間が4ヶ月、

完治まで2ヶ月の計12ヶ月ほどで症状が改善され、その間リバウンドの山は2つあります。

 

あなたがステロイド経験10年以上のベテランの重症であればリバウンドが10ヶ月、回復期間が10ヶ月、完治までが2ヶ月の計24ヶ月ほどかかります。

 

1ヶ月~3ヶ月後にリバウンドのピークを迎えますが、リバウンドの山は全部で3つあり、

改善は緩やかで完治まで1年以上はかかりますので長期戦を覚悟してください。

 

長年溜め込んだステロイドで痛んだ体を即効で治すのは無理があります。

スポンサーリンク

脱ステ期間中やリバウンドしていてもやらなければいけないこと

皮膚炎の症状はただ脱ステロイドをしていれば治るわけではありません。

(脱ステを成功させるための大事な事は無料のメルマガ内で解説しています)

 

脱ステをしながら併して食事療法や生活習慣の改善による体質改善をすることで皮膚炎が起きにくい体へと変化していきます。

 

そうなれば徐々に「アトピー性皮膚炎に良くない」と言われる食べ物を食べても皮膚炎が起きにくくなってくる。

 

あなたやあなたのお子様がこれから脱ステロイドで完治を目指しているのか又はステロイドを使って症状のコントロールをするのかはわからないけど、

どちらにしても「食事」には気をつけましょうね^^

 

すぐに取り組める方法として具体的に脱ステロイド中にあなたにやっていただきたいことは以下の3つです。

  1. 腹6分目を心がける
  2. 食事では一口につき50回噛む
  3. 食品添加物を避ける

これらについては以下の記事で詳しく解説していますので熟読ください。

アトピー性皮膚炎を完治させる食事療法で大切な3つの習慣

 

最低でもこの3つはできるだけ守るようにしてください。

この3つを守っていけば皮膚炎の炎症や痒みをかなり抑えることができるけど、特に2番目が難しいかな。

 

あまり気合を入れて食事制限するとそれ自体がストレスになってしまって「かゆみが悪化」してしまえば逆効果になってしまいます。

 

食事は人間の強い本能なので、極端に頑張り過ぎないように心と体のバランスをとることが大事ですね。

 

ご自身の性格やタイプに合わせて無理せずに取り組むのが続けるコツです。

またお子様はストレスが溜まりやすいので食事改善を厳しくし過ぎずにゆるやかにやってください^^

 

PS

実際、一口につき50回くらい噛めば満腹中枢が刺激されて、食事の量が少なめでも満足できてしまいます。

 

ただちょっと困るのが、友達とかとラーメン屋とかに行った場合自分だけ周りの友達よりも明らかに食べるスピードが遅くなるので、

待たせてしまう焦りから噛む回数を減らしてしまうんだよね (´・ω・`;)   

 

なので、僕は噛む回数を減らさずに噛むスピードを早めているんだけど、

定食とか自分の食べる量が決められているものより居酒屋とかで何でも注文できて長く居られる方が食べるペースを気にしなくて楽です。

 

ラーメン屋とかカレー屋とかだと焦って食べてしまいます、笑

スポンサーリンク