アトピーを治すには食事療法(主に食べ方)や生活習慣の改善を中心とした体質改善をしながら、長い期間使い続けて体に溜まったステロイドを体外に排出させる必要があります。

 

この記事では「脱ステロイドの経過で起こるリバウンドの正しい知識」について解説します^^

スポンサーリンク

脱ステロイドStep2(リバウンド)

日常的に使用していたステロイドを止めると抑制されていた免疫が正常に働きだすので、体内に蓄積した酸化コレステロールや化学物質があなたの皮膚から排出し始めます。

 

こうなると、当然かゆみが増して炎症も強くなり、更には今まで炎症が起きていなかった場所の皮膚にも炎症が広がります。

 

これが脱ステロイドによる「リバウンド」です。

見た目が悪く強烈にかゆくなるので「症状が悪化した!どうしよう (´・ω・`;)   」と思うかもしれませんが、これは体の免疫反応を正常に取り戻すサイクルのひとつです。

 

リバウンドの症状の具合や期間はこれまでのステロイドの使用期間にある程度比例し、長くステロイドを使用していた方ほどリバウンドは長期に渡りますが、症状が安定してきたらステロイドの代わりに保湿剤にシフトしていきましょう。

脱ステでリバウンドが起こる原理と仕組み

ステロイドやプロトピック軟膏などの薬は「強い免疫抑制作用」があります。

あなたや私の体は、体にとって悪い物を常に体内から排出させようとしていますが、ステロイドを使うことによるその免疫抑制作用によって悪いものが外に出ないようになります。

 

薬を塗ることによってかゆみや炎症が止まるので、見た目もきれいになり体も楽になるのですね^^

ただ、これは「治った」という状態ではなく、「炎症を抑えているだけ」なので、薬の使用を止めると免疫が抑制されなくなり副作用としてリバウンドが起こり、その結果、再びかゆみと炎症が復活してきます。

 

長くステロイド外用薬を使ってきた方ほど激しいリバウンドになる傾向は強いので、耐え切れずにステロイドを塗って脱ステを辞める方は多いと思います。

 

一気に治したいと思って脱ステロイドをやらなくても、体質を改善させる食事療法や生活習慣の改善でアトピーの症状を抑えることはできます^^

アトピー性皮膚炎を完治させる食事療法で大事な3つの習慣

スポンサーリンク

急激な脱ステは危険

あなたが現在脱ステロイドの真っ最中で、毎日使用していたステロイドを一切断っている場合は強烈なかゆみと炎症に悩まされているかもしれませんね。

 

私も経験がありますが、炎症が全身に広がってリンパ液が流れ、それが固まって関節などを動かすのがとても辛くなります。

私の場合は、「塩浴(えんよく)」と同時並行で脱ステをやってしまったので大変な事になりました。

 

というか、脱ステロイドで激しい炎症が起きたと言うよりかは、過激な塩浴によって全身に炎症が起きたということでした (´・ω・`;)   

 

「塩浴(えんよく)」というのは、お風呂に入っているときに浴槽に塩を混ぜたり、塩を混ぜたお湯を手で体に塗ってからお湯で洗い流したりすることです。

 

これをやることによって、塩の強い殺菌作用の影響で体に溜まった老廃物を体外に排出しやすくなり、アトピーの症状が早く快方に向かう方もいます。

 

しかし、人によってはこれも激しいリバウンドを引き起こします。

私は後者で、脱ステロイドによるリバウンドと「塩浴(えんよく)」による毒素の排出によるリバウンドで全身に湿疹と強烈なかゆみに襲われました。

脱ステロイドによるお風呂上りの強烈なかゆみは言葉では言い表せません。

 

全身がかゆくて腕2本では足らず腕10本で全身を掻きたいくらいでした (´・ω・`;)   

初めてかゆさで気を失いそうになりました。

リンパ液が全身から流れ、それが固まり、腕や足の関節が曲げにくくなり、職場での階段の上り下りがとても辛く、不自然な動きになってしまいます。

 

「あの人最近歩き方おかしくね?(´◦ω◦`) 」

「足引きずってるけど怪我したの?(゜д゜)」

なんて言われる始末ww

 

この時の私の体を例えるなら

ゾンビ

これが1番わかりやすく近いかもしれません。

 

傷だらけの赤黒くただれた皮膚がゾンビとそっくりですww

皮膚呼吸できるのか?っていうくらい酷くて、布団に入っても体が痒いのと気持ち悪いので布団をかぶれないし、全身の皮膚が痛くて寝返りもできなかったです。

 

睡眠時間なんて1時間か2時間程度、疲れなんてとれません。

普通の平凡な衣食住すらさせてもらえないのかと絶望でしたね。

 

正直言うとこの時に「こんな人生なら終わらせたい」と思い涙が出ました゚゚(゚´Д`゚)

これほどまでに生活するのが辛い病気はあるのか!?と思うくらいです。(自分が知らないだけで他にも苦しい病気はあると思います)

 

死ぬわけにもいかず、そんな勇気もないので、とりあえず「塩浴(えんよく)」と脱ステを中止し、ステロイドを使って炎症を抑えました。

 

脱ステと「塩浴(えんよく)」を始めてから中止してステロイドを使うまで2週間くらいだったと思いますが、地獄の2週間でしたし、そのうちステロイドが抜けて治ってくるかな?と頑張りましたがこれ以上は耐えられませんでした。

 

今思えば、完全にやり方を間違えていました。

体に溜まったステロイドは一気に抜いてはダメです、体質改善しながら徐々にゆっくりとステロイドの使用量を減らしていかなければなりません。

 

すぐに治したいからといって一気にステロイドの使用を断つのは絶対に止めてください、場合によっては地獄をみますので自分の体と相談して取り組んでください。

安全な脱ステの方法は以下の記事で詳しく解説しています ^^

脱ステロイドの正しい方法とステロイドの使い方

コンテンツ一覧

スポンサーリンク