あなたやあなたのお子様が脱ステロイドの経過で落屑(らくせつ)のステップであれば、これからかなり快方に向かっていきますので頑張りましょうね(。╹ω╹。)

 

今回の記事では「脱ステロイドの経過途中の落屑の際に気をつけること」について解説していきます。

 

あと、乾燥肌タイプではなくてジュクジュク肌タイプの方には下の方でStep4を解説していますのでご覧ください^^

スポンサーリンク

脱ステロイドStep5(乾燥からの落屑)乾燥肌タイプの人

炎症やかゆみがステロイド以外の保湿剤などで対処できるようになってきたら、その後は徐々に保湿剤の使用も減らしていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎などの乾燥はかゆみの原因となって、掻いてしまうことによる症状の悪化を防ぐために保湿が有効になってくる。

落屑の経過で過度な保湿をしてしまうと肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を邪魔することになってしまい完治の妨げになります。

 

肌は古い表面の角質が剥がれる事によって新しい皮膚に生まれ変わりるから、

落屑の経過では極力保湿はせずに肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を正常にしてあげることが大切ですね。

 

落屑した皮膚に酸化したステロイドが含まれてるから、この落屑を繰り返すことでデトックスできるわけです。

 

ただ、お子様で皮膚が弱いケースではお風呂上りにご家族が保湿剤を塗ってあげてください。

保湿をこまめにするだけで力が高まって皮膚炎が治る場合があります。

 

落屑の際に気をつけること

落屑が本格的に始まると徐々に症状が快方に向かっていきます。

 

全身の皮膚の皮が落屑によって剥がれていくから朝起きた後のシーツには落屑した皮膚が残っていると思うのでシーツの掃除は毎日行ってください。

 

また、人前で掻いてしまうと簡単に皮膚の皮が剥がれ落ちてしまって「不潔だ (´・ω・`;)   」と思われてしまうこともあるから、

なるべく人前では掻くのを我慢して皮膚の露出の少ない服装をするのが安心かな。

 

あと、顔などはどうしても目に付くところだから、保湿をして皮膚に粉が噴かないようにしたほうが良いと思う。

人目を気にしない人は気にしなくていいです

^^僕は人目が気になるので。

 

悲しいことだけど、見た目によって会社や学校での「イジメ」にもなりかねないし、

落屑の時期にはできる範囲でなるべく周りから気付かれないように工夫をした方が無難です。

 

現在、イジメられている人は、何としても皮膚炎を治してそいつらを見返してやってください!

つまり、今のその辛さをそいつらを見返すときのためのモチベーションにするわけだね、「待ってろよ、絶対治してやるからな!(゜д゜)ケッ 」

話を元に戻しまして、ww

 

「落屑が始まるともう炎症は起きないの?  」と言われればそうではありません。

落屑の経過では良くなったり悪くなったりを繰り返す時期なので、再びかゆみが出てきて悪化して広がることもあります。

 

症状がある程度悪くなっても落ち込む必要もない。

そのうちにだんだんと悪化する日が減ってくるようになれば完治は近いです^^

スポンサーリンク

脱ステロイドStep4(患部が広がる)

ジュクジュク肌タイプ

あなたが長期間にわたってステロイドを使用してきた方であれば、

炎症が広範囲に広がり今まで症状が出ていなかったところにも炎症が出てくることは以前に解説しました。

 

ジュクジュク肌タイプの脱ステロイドでは掻くと患部から汁(分泌液)が出てきますが、

これは傷がついた皮膚を治すためのリンパ液です。(浸出液ともいう)

 

皮膚炎患者にとってはこのリンパ液が出る時期は精神的にも肉体的にも見た目的にも一番辛い時期です。

 

念を押しますけど、一気にステロイドの使用を止めてしまうと日常生活が送れないくらい全身に炎症が広がることもある。

これが「ステロイド離脱によるリバウンド」です。

 

脱ステロイドを行うには大事な「ある事」をすることで強烈なリバウンド症状を穏やかにすることができるから成功させやすい。

「ある事」を取り入れた正しい脱ステ方法は無料のメルマガ内で解説しています。(記事の下にあります。)

 

脱ステは完治を近づけるけど人によってはかなり辛いものになるから、

まずは生活習慣や食事を基本とした体質改善で、これが基本ですね。

 

続きだけど、

ステロイドを使っていなかった頃にはリンパ液は出てこなかったのに、ステロイドを離脱すると黄色みがかった汁が出てきます。

 

このリンパ液は皮膚の炎症を治そうとする「皮膚の保護」の目的で出てくるので、リンパ液が出てくるのを抑えるのは止めた方がよいです。

 

脱ステロイド期間の過度の保湿は控えるようにする

分泌液が出る時期は、とても強烈でいてもたってもいられない炎症とかゆみが襲ってくるので状態は悪いように思えるけど、

体は正常な免疫力と健康な皮膚に戻すために活動しています。

 

体が正常な体に治そうとしている結果なので、保湿したりステロイドを使って炎症を抑えてしまうと逆効果となってしまいますので使用は控えてください。

 

ステロイドを止めるだけの脱ステでは完治は難しい

先ほども言ったけど、一般的に行われているステロイドを止めるだけの無理な脱ステは失敗する可能性が高いからオススメしないです。

 

 

僕はちょっと変わった方法で脱ステをして全身にリンパ液が出た時の辛さを経験しています゚゚(゚´Д`゚)゚結果、その時の脱ステは失敗した、笑

 

脱ステを成功させるには「正しい脱ステのやり方」っていうものがあって、

そのやり方で脱ステすることで激しいリバウンドを穏やかにして失敗せずに最短でアトピーを治していくことができる。

 

ここで解説した脱ステ法は一般的に言われている方法で、その中でなるべく酷くならないような方法を解説しました。

 

でも実は脱ステを成功させるには大事なことがあって、それを知って実践しないとアトピーはなかなか治せません。

 

その具体的な方法は下にある僕の無料のメルマガで解説していますので、知りたい方はご登録ください。

これをしないで脱ステにチャレンジしても強烈なリバウンドに襲われて失敗する確率が高いと思う。

スポンサーリンク