赤ちゃんって肌が赤くなったり、いわゆる「乳児湿疹」になりやすいけど、実は「アトピー性皮膚炎」の可能性も十分にあるんです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎ってどっちも皮膚が赤くなるから見分けが付きにくくて素人には断定するのが難しいんです(´・ω・`;)   

今回の記事でこの2つの違いとそれぞれの対策を解説するからお子さんの皮膚症状に合わせて参考にしてね!

スポンサーリンク

 

ネコさん

赤ちゃんでもアトピーになってる子いるんだね?

先生

遺伝も関係しますので昔よりも赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は増えていますね。

先生

比較的多い乳児湿疹とアトピーの違いを理解して適切に対処する必要があります。

 

乳児湿疹の場合は一歳までに治りやすい

乳児湿疹っていう名前の通り、乳児にできる湿疹で、顔が特に赤くなりやすいですね。

背中とかお腹、全身にも湿疹が広がることもあるけど、生まれてから2週間から1~2歳を迎えるぐらいでほとんど自然に治るのが特徴です^^

 

赤ちゃんは大人に比べると皮膚がとっても薄くて、肌のバリア機能が強くないために、ちょっとした刺激とかアレルギー反応で肌に湿疹を起こしてしまうんですね。

 

ただ、幼児湿疹っていっても症状がいろいろあるから素人で判断して決め付けると、他の病気だった場合に治療が遅れるから一度お医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

とりあえず湿疹が出たらしばらく様子を見て、治らなかったり症状が悪化するようならお医者さんへGoです(。╹ω╹。)

 

代表的な幼児湿疹の種類と対策

乳児湿疹っていうのは、生後〇ヶ月とかに赤ちゃんの皮膚が赤くなったり炎症を起こしたりする湿疹の総称で、病気の名前じゃないです。

 

赤ちゃんの皮膚湿疹をまとめて幼児湿疹として定義しているようなもので、以下の2つが多いですね。

どちらも皮膚が赤くなって腫れたり、ジュクジュクしたり乾燥した感じになります。

  • あせも
  • 乳児脂漏性湿疹

 

あせも

「あせも」は汗をかいたときにその汗が刺激になって皮膚に炎症が起きるものです。

動いていなくても元々体温が高いから汗をかきやすくてなかなか乾かないし、腕とか足の間接部分・首とかが蒸れやすくてできやすい。

 

赤ちゃんは皮膚のバリア機能が弱くて肌が敏感だから、汗であっても炎症を起こしやすいです。

 

乳児脂漏性湿疹

「乳児脂漏性湿疹」は皮脂の分泌が盛んで多い部位にできやすくて、場所的には「頭」・「顔」・「耳の周り」など主に首から上ですね。

 

赤ちゃんは体の面積が小さいから面積辺りの毛穴の密集度が高くて皮脂の分泌量も多くなることが原因、後は女性ホルモンの働きが高いことかな。

 

この分泌された皮脂が刺激になって炎症を起こしやすくなる。

対策

どちらも肌を清潔に保つことが予防となり対策になりますね。

お風呂に入ったときにはなるべく刺激の少ない無添加の石鹸で優しく洗ってあげたり、こまめに体を拭いてあげて清潔にして皮膚をサラサラにしてあげるのが良いね^^

 

風呂上りじゃなくても普段からこまめに体を拭いてあげることが大事で、特にオムツの中は湿度が高かったりオシッコかぶれもあるから注意しようね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因

乳児湿疹と間違えられやすいのが「アトピー性皮膚炎」です。

乳児湿疹と違ってアトピー性皮膚炎の場合はちょっと注意が必要ですね。

 

見た目の症状が似ているんだけど乳児湿疹とアトピーの違うところは、乳児湿疹に比べてアトピーの方が治りにくいところかな。

 

治療方法は保湿剤とかステロイド外用薬を患部に塗るとかになると思うけど、お医者さんとよく相談して決めたほうがいいね。

塗り薬でも強いのとか弱いのとかあるから。

 

日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会の資料」によれば、赤ちゃんのアトピーの症状としては下のものが判断基準です。

  1. 赤ちゃんのアトピーの症状は、首から上(顔・頭)から炎症が出てきて、体から腕、足の関節に炎症が広がっていく。
  2. 乳幼児で2ヶ月以上、その他で6ヶ月以上湿疹が続いている状態
  3. 強いかゆみがある(赤ちゃんは喋られないけど、泣いているならかゆい)

 

原因はいろいろあるけど、親からの遺伝か元々の体質的なもの・ダニやホコリとかのハウスダストアレルギー・食物アレルギーとかで発症します。

でも同じアトピー性皮膚炎でも3歳児と生後4ヶ月の子供ではアトピーの炎症が起きている原因が違ったりするんです。

 

事例として厚生労働省の調査だと、

「3歳児が発症しているアトピー性皮膚炎より、生後4ヶ月の赤ちゃんのアトピーの方が両親のアレルギー疾患の影響である可能性が大きい」とされています。

 

仮に両親がアトピー性皮膚炎だった場合は、75%の確率、どちらか一方だった場合は56%の確率で子供はアトピーを発症すると厚生労働省は発表しています。

情報元:アトピー性皮膚炎Q&A 遺伝的要因(個体要因)より

 

生後4か月でのADの方が3歳でのADよりも両親のアレルギー疾患既往の影響が大きい という結果であったことから、4か月児のADの発症によりアレルギーの関与が大きいとも考えられ る。(AD=アトピー性皮膚炎)

その主たるアレルギーは食物アレルギーである可能性が示唆される。食物アレルギーが3歳以 前に軽快する患者も多い。

引用元:アトピー性皮膚炎 厚生労働省(4ヶ月児と3歳時でのADの違い)

3歳くらいから食べ物の変化とかで急にアトピーが発症し始めた場合は、「何かの食物アレルギーの可能性は高い」と予想することができるよね。

 

赤ちゃんのアトピーの海外で衛生仮説

衛生仮説」っていうのは、免疫機能が発達し始める乳幼児期に免疫反応を促進する刺激が減少したことでアレルギー疾患の発症が促進するという考え方とか仮説の事です。

 

兄弟数が少なかったり乳児期に保育園に早く預けられなか ったりするとアレルギー疾患の発症率が上がるっていう仮説です。

 

この仮説の根拠は逆に兄弟数が多かったり、保育園に早めに預けると感染の機会が増えることで菌とかウイルスの感染に対して強い免疫が作られることでアレルギーの症状が減少するっていう考えがあるんです。

 

ただこれは海外の皮膚科医の考えで、日本では兄弟が多いほどアトピー性皮膚炎の発症率が高いという結果があるんで、国によって違うんだなぁって感じです。

 

赤ちゃんのアトピー発症を予防する間違った対策

母親の体質が遺伝してが生まれてくる赤ちゃんがアトピーになる可能性があるんなら、出産前に断食したりアレルギーの対象になる食べ物を食べないようにすれば、生まれてくる赤ちゃんに影響しないんじゃないの?

って考えるのも普通だよね。

 

この考察についてだけど、2000年と2012年に、アメリカの小児科医が実施した実験の結果だと、

  1. 妊婦と授乳婦にアレルゲン除去食による食事制限は、0歳~18ヶ月児までの赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症を抑制する効果は無いとされた。
  2. 出産に必要な十分な体重の増加が無かったり、生まれてくる赤ちゃんの未熟児率の増加のリスクが高くなる可能性がある。

こういうデータが結論として出ているんですね。

情報元:アトピー性皮膚炎ガイドライン2016年版 5.悪化因子の検索と対策(1)食物

 

 

つまり、生まれてくる赤ちゃんがアトピーにならないように、妊婦のうちからアレルギーに繋がるような食材を控えたりすることは、直接的に効果は無くて、

栄養不足とかで赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険性があるから辞めた方がいいよってこと。

 

赤ちゃんのアトピーは自然に治る可能性が高い

赤ちゃんのアトピーは成長するにつれて治癒する可能性が高くて、データとしては以下のとおりです。

4 カ月児のアト ピー性皮膚炎の約 70%が 1 歳 6 カ月時に治癒し、1 歳 6 カ月児の約 50%が 3 歳時に治癒したという報告や、

小学校 1 年時にアトピー性皮膚炎と診断された児童の 約 50%は 6 年生時には治癒していたとの報告がみられ た。

引用元:アトピー性皮膚炎ガイドライン2016年版 CQ18 アトピー性皮膚炎は年齢とともに寛解することが期待できるか

大部分のアトピーは大人になるまでに治るんだけど、体質によっては治りにくいこともあるし、そういう場合は根本的に体質を変えていく必要がある。

 

でも、赤ちゃんのうちはそんなに神経質になる必要はないんじゃないかな、元々皮膚のバリア機能とかが未発達で肌が敏感だからすぐに赤くなるのが普通です。

大人アトピーの場合はちゃんと体質改善とかしていかないとなかなか治らないです。

 

まとめ

今回の記事を簡単にまとめると以下の3つですね^^

  1. 赤ちゃんは肌が弱くて敏感だからすぐに肌が赤くなったり乳児湿疹が出やすい
  2. アトピーかどうかはお医者さんに判断してもらって治療法も慎重に決める
  3. 3歳位までには自然に治りやすい特徴がある

 

こういうことを前もって知っておくと、いきなり赤ちゃんに湿疹ができても慌てずに対処できるから覚えておいてね(。╹ω╹。)

コンテンツ一覧はこちら

スポンサーリンク