アトピーの方で「ヨーグルトなどの乳製品がアトピーに効果がある」という情報を聞いてヨーグルトをたくさん食べている人がいます。

もしかしたらあなたもその1人ではないですか?

 

おそらく、ヨーグルトに入っている乳酸菌がアトピーに効果があると言われているんですが、まず日本人の胃腸はは乳製品を吸収しにくい作りなのです。

今回の記事では「知らぬ間にヨーグルトでアトピー悪化!?効果が全く無い例も」について解説します。

 


ネコさん

ヨーグルトっておいしいよね!しかもアトピーにも良いみたいだし一石二鳥

先生

ネコさん!アトピーを良くするためにヨーグルトを食べるかどうかはこれからの解説を見てください。

ネコさん

乳酸菌がたくさん入っるから良いんじゃないの?まぁとりあえず解説お願い。

スポンサーリンク

ヨーグルトを食べると腸内環境が良くなるってホント?

ヨーグルトが好きな人ってたくさんいますよね^^

私もヨーグルトは好きで以前は毎日たくさんのヨーグルトを食べていましたし、好きすぎて家で自分で作ったりして食べていました(笑)

 

私の場合、ヨーグルトを食べる目的は「アトピーの改善と完治」が目的でした。

アトピーは腸内環境が悪いことが影響しているから、ヨーグルトをたくさん食べて腸内環境を整えてアトピーを治そうと思ったからです。

 

「腸まで届く乳酸菌」という言葉に惹かれていろんなヨーグルトを食べまくっていましたね^^

そして食べ続けた結果は、「特に良くも悪くも無く何の効果も無かった」というのが私の体感した結果です。

 

食べるにあたって、以下の事に注目して変化があるか無いかを調べていました。


  1. かゆみが出るか治まるか
  2. 湿疹が出るか治まるか
  3. 皮膚の乾燥がひどくなるか潤うか

ヨーグルトを食べながらこれら3つについて変化がないか探っていたのだけれど結果として良くも悪くもならなかったです。

 

私「何だよ、ヨーグルトってアトピーに効果ないじゃん、おいしけど (´・ω・`)」

ヨーグルトでアトピーが改善した人と悪化した人もいる

ヨーグルトでアトピーを改善しようと毎日食べている人の中には、「アトピーが改善した」と言う人と「アトピーが悪化した」という人もいます。

 

乳酸菌にはたくさんの種類が存在しているので、その人の体質にあった乳酸菌をうまく摂取できると腸内が良好に保たれる要因になります。

自分の体に合う乳酸菌を選ぶ(探す)ことは有効だと言えますし、アトピーが改善した人は乳酸菌が自分に合っていたということですね。

 

白砂糖の影響による悪玉菌の増加

ヨーグルトには「白砂糖」が入っていますが、その白砂糖の主成分の「ショ糖」は悪玉菌の直接的な餌となってあなたの腸内で悪玉菌を増やします。

その白砂糖をに摂取すれば消化不良が起こり、最終的にかゆみを引き起こしアトピーが悪化してしまうのですね(´◦ω◦`) かゆみも出てきます。

 

白砂糖は食品じゃなくて「食品添加物」で健康被害として「アトピーの悪化」もありますので摂取を控えた方が良いです。

 

最初は自分に合った乳酸菌の働きでアトピーが良くなったと思っていても砂糖の影響で逆にアトピーが悪化してしまいます。

 

しかも、最初に良くなった効果があるので、まさかヨーグルトがアトピーの悪化の原因になっているとは気付かないのが厄介ですね。

白砂糖については記事の後半で詳しく解説します。

 

ビオチン不足によるアトピーの悪化

ビオチン」というのは炎症を抑える抗炎症物質を作るので炎症・アレルギーなんかを抑えてくれるとても嬉しいものです。

しかしなんと!乳酸菌にはこのビオチンを食べてしまいます(゜д゜)

 

ビオチンには他にも皮膚の機能を保ったり皮膚の細胞を活性化する働きもありますので、これらが乳酸菌によって食べられ不足することはアトピー性皮膚炎の悪化につながります。

 


そして次に私は乳酸菌と乳製品について調べてみました。

私は自分自身で「自分の体には効果が無かった」というのも1つの結果なので、結果には理由があるはずだと思ってその理由を知りたくなったわけです。

 

日本人は乳製品をうまく吸収できる体ではない

乳製品自体にはさまざまな栄養素が含まれているので、取り入れることができれば良いと思うのですが、残念ながら日本人の体ではその栄養素をうまく吸収することができません。

 

その理由は、成人している日本人の大人には乳製品を分解する酵素を体内に保持していないということです。

日本では酪農(らくのう)が西欧から移入されてきたのが明治に入ってからなので大昔の日本人は乳製品を食べていなかったわけですね。

 

その結果、日本人の85%は乳糖不耐性であり、遺伝的に牛乳の成分を分解できないのです。

逆に、北欧人などはこの割合が10%以下であり、牛乳を体内で分解できるのです。

このことについては医学界の権威の方がこちらで紹介されている本の中で解説しています。

 

なので日本人は乳製品を消化・吸収し分解する機能が体に備わっていないのですね (´・ω・`;)   

給食で牛乳を飲めない子供や牛乳を飲むと下痢になる人が多いのはこのためです。

 

元々栄養素を吸収できない体なので、その栄養素が豊富なものだからと沢山食べてもうまく吸収されません。

乳酸菌のサプリメントも注意が必要

最近ではでアトピー性皮膚炎に効果がある(といわれている)乳酸菌サプリなどもたくさん売られていますね。

ただ、実際にこれもあまり効果少ないんだよねえ (´・ω・`;)   

 

まず、乳酸菌自体が酸に弱い性質があります。

乳酸菌サプリでの謳い文句で「生きて腸まで届く乳酸菌」などと言ってるけども、実際、ほとんどの乳酸菌は胃酸の影響で死滅してしまって腸に届く乳酸菌はごく微量なんです。

 

生き残ったわずかな乳酸菌が腸に届いたとしても腸に定着することが無くすぐに体外に排出されてしまいます。

結果、いくらサプリメントで乳酸菌を摂取したところで、肝心な腸には届きにくいので大きな効果が期待できないということです。

 


ただし!長い年月をかけて継続すれば効果が実感できることもあります。

実際に私は乳酸菌のサプリメントで慢性の鼻炎がかなり良くなったのです^^

前までは一日中薬を使っていましたが、今では一日に一回使うか使わないかで、寝るときも鼻呼吸ができるので睡眠の質も良くなりました。

 

元々アトピーを治そうとして飲み始めた乳酸菌サプリですが、まさか慢性の鼻炎が改善するとは思いませんでしたから驚きです。

 

ただ、2年近くは飲み続けてきた結果なので、この長い年月で体質が変化したのかな?とも予想できますし、乳酸菌のサプリでも長い年月飲み続けると思わぬ効果が得られる事もありますね^^

 

しかし結果は個人の体質次第で変わってきますので過度な期待はしないほうが良いですね、私は鼻炎には効きましたがアトピーへの効果は実感がありませんでしたので^^

スポンサーリンク

ヨーグルトや乳酸菌サプリに入っている砂糖で悪化の可能性もある

市販のヨーグルトや乳酸菌サプリメントにはほとんどに「砂糖」が入っていますが、この砂糖がアトピー性皮膚炎の悪化の原因になる場合があります。

砂糖は肝臓で蟻酸(ぎさん)という物質に分解されるんですが、この蟻酸が痒みの原因になるんですね。

 

この蟻酸ですけど、蚊が人間の血を吸う時に、吸った血が固まらないようにするために蟻酸を出します。

蚊に刺された後の痒みの原因はこの蟻酸なのです。

 

蚊に刺されるとマスト細胞というところからヒスタミンが分泌され痒くなりますが、これと同じ現象が砂糖を摂取した後の体内で分解される中で起こるのです。

 

砂糖は甘いもの全般に入っています。

スイーツやお菓子、炭酸ジュースやアイスクリーム、アトピーの重症の方では果物に入っている糖分でも痒くなることがあるので、甘いものを摂取した後に痒くなる方はなるべく避けたほうがいいですね。

 

といっても砂糖を避けたからと言ってアトピーが治るわけではなく、あくまで砂糖を摂取した後に痒くなることによって皮膚を掻いて傷つけることの予防です。

 

アトピーを治したいが為に毎日ヨーグルトや乳酸菌サプリを摂取していると、「知らぬ間に砂糖の影響によって痒みが増してアトピーが悪化していた」なんて事にもなりかねません。

どうしても毎日ヨーグルトを食べたいという方は砂糖が入っていないヨーグルトにして下さい^^

腸内環境は乳酸菌じゃなくて食事療法で改善させる

アトピーを改善・完治させるためにヨーグルトを食べたり乳酸菌を摂取したりするのは腸内環境を良好に保つためですが、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすとか、そんなことでアトピーは治りません。

 

乳酸菌で腸内環境を良くしたいのであれば発酵食品の「味噌」・「醤油」・「納豆」などを食べる方が日本人の体に適しています。

 

アトピーを治すには腸内環境を良くするということに間違いは無いのですけど、正確には「胃腸の健全化」です。

アトピーの方は胃腸が弱っているから食べたものをうまく腸で吸収できていませんので胃腸の健全化が必要ですね。

 

そして胃腸を健全に保つためにはヨーグルトや乳酸菌の摂取は絶対に必要なものだということはないですので、あくまで嗜好品(しこうひん)として楽しむ位にして下さい。

 

「ヨーグルトや乳製品サプリはアトピー性皮膚炎に効果がある」という人もいますが、そもそもそんなものに頼らなくてもアトピー性皮膚炎は治せます。

アトピーは現代病ですが、アトピーの人が少なかった時代の人たちは現代人のようにたくさんヨーグルトや乳酸菌サプリを食べていませんよ。

 

ヨーグルトを食べなくてもアトピーになりませんし、食べ物は栄養バランスのとれた和食です。

ヨーグルトを食べてアトピーを治そうという主張は「おかしな話だなぁ (´・ω・`)」と私は思います。

 


ネコさん

ヨーグルトは美味しいけどアトピーの改善にはイマイチだね。

先生

腸内環境を改善するなら普段の食生活を見直すだけで十分なのです。


自分もヨーグルトをたくさん毎日食べていたことがありましたが、効果は無く、食事を中心とした体質改善に取り組んだ方が効果が絶大でした。

無駄な努力はさっさと止めて報われる努力をした方がいいですね!

 

アトピーを治すには食事療法を中心とした体質改善が必要です。

その為の具体的な方法は以下の記事で詳しく解説していますので参考にして下さい(。╹ω╹。)

アトピー性皮膚炎を治すために絶対にやるべき事

※コンテンツ一覧はこちら

スポンサーリンク