アトピー性皮膚炎と長年格闘している人やお子様をお持ちの方は一度は食事制限にチャレンジした事があるのではないでしょうか?

しかし効果を実感できずにすぐに諦めて止めてしまう人は多いと思います。

 

食事制限をしたけどアトピーは良くならなかった

アトピーを治すのに食事制限しても治らない

 

このように考える人は多いと思いますが、結論を申しますと、アトピー性皮膚炎の改善に食事制限や食事療法はとても有効です。

ここではアトピーを治すための食事制限に関する疑問を解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

正しい食事制限をする必要がある

あなたはどのようにアトピーの食事制限に取り組んでいますでしょうか?

  • 大好物をいきなりきっぱりと断って我慢していませんか?
  • 1日3食をいきなり2食にしていませんか?
  • おかずの量を極端に減らしていませんか?
  • 食事制限によって毎日ストレスを感じていませんか?

あなたが現在、上記に挙げたような食事制限に励んでいるようであれば、それは少々無理がありますね。

少なくとも決して「アトピー性皮膚炎を改善する正しい食事制限」とは言えません。

 

まず、「なぜアトピーを治すのに食事制限が有効なのか?」ということですが、それは食事の仕方を変えることによって胃腸の負担を減らし消化を助け腸内環境を健全にし、体質改善を図るということです。

 

正しい食事制限をすることによって体質を変えていくわけですね(。╹ω╹。)

そして、その正しい食事制限の方法は以下の記事で解説していますので参考にして下さい。

アトピーの完治の為に絶対にやるべき事

 

3つの記事で、食事制限でストレスを溜めないようにすることと、食事で避けるべきもの、食事療法で大事な3つの習慣などを解説しています。

スポンサーリンク

アトピー改善の効果が出る食事制限の期間はどれくらい

あなたはこれまでにどれくらいの期間、食事療法や制限に取り組んできましたか?

1週間?頑張って1ヵ月?

アトピーの食事制限は胃腸の健全化を中心とした体質改善なので、速攻で効果が出るものではなく、長く無理なく続けていく必要があります。

 

短距離走ではなく長距離走のマラソンのようなイメージで取り組んでください。

 

体質も人それぞれなので効果を感じるまでの個人差はありますが、半年とか1年とかのスパンで取り組むと徐々に変化を感じてくると思います。

 

すぐに治したい気持ちはわかりますが、短い期間での劇的な変化は見込めないので、裏技とか近道とかは無く地道に正しい方法で継続することが近道です(。╹ω╹。)

 

私もですが、アトピーの方は胃腸が弱っていて腸内環境が良くないので、正しい方法とある程度の期間の継続により確実に症状は良くなっていきます。

ですので、「アトピーは食事制限しても治らない」というのは誤解で、完治してしまえばある程度食事制限の必要も無くなります。

「治るまで我慢しましょうね」ということで、食事制限を一生続ける必要はありません。

 

PS

私も幼稚園児の頃からアトピーと戦ってきましたが、大人になって正しい食事制限をすることでかなり効果を実感しています。

コンビニや外食での食事を控えて家で自炊した物を食べているだけでも効果は高いと思います。

大きな結果を出すには小さな努力を積み重ねることです(。╹ω╹。)

スポンサーリンク