子供のアトピー性皮膚炎は比較的治すのが簡単で、その原因は食べ過ぎや油の摂りすぎ、糖質の摂りすぎによる場合が多く、これらの摂取を少なくすれば良くなる場合が多いのです。

 

そしてご両親が親身になって食生活を改善したり、正しい食事の仕方などを半ば強制的に週間付けることにより、子供は親の言うとおりにするだけで皮膚炎が改善されていきます。

 

それに比べて大人のアトピー性皮膚炎は完治が難しいと言えます。

スポンサーリンク

 

小さな努力が大きな成果をもたらす

大人のアトピーの方は自分1人で治療に専念している場合が多いので、体質改善をしようと食事療法に励んだとしても自分の意思で簡単に止めたり諦めたりできます。

 

治療を勝手に止めても誰も叱ってくれません。

誰かが監視していてフォローしてくれるわけではないので習慣化するまで継続するのが難しいんですね(´◦ω◦`) 

 

そしてアトピー性皮膚炎の体質改善は短期間では無理で、1ヵ月~数ヶ月は続けないと効果が出ないので、ちょっとやってみて効果が出ないとすぐに諦めてしまう人がほとんどです。

 

もちろんこれは個人差がありますが、食事で体質改善を試みて1週間や2週間で劇的な効果が現れることなどありませんし、ある程度の期間継続することによって徐々にアトピー症状の出ない体へと体質改善されていくのです。

 

ここを理解していないと、「チャレンジしたけど効果が無かったからやめた(´◦ω◦`) 」となり、いつまで経っても大人アトピーの完治に近づけないわけですね。

 

そしてまた新たな「アトピーに利く〇〇はコレ!」みたいなものに手を出しては失敗するという無限ループに入ってアトピービジネスの餌食になってしまうのです。

 

人はついつい楽をしようとして少ない労力で大きな結果を得ようとする傾向があります。

気持ちはわからなくはないですが、大きな結果を残すには小さな努力を積み重ねるしかありません。

スポンサーリンク

 

毎日の食事で体質改善する

特にアトピー性皮膚炎の完治には一ヶ月~数ヶ月に渡る食事を中心とした食事療法が必須ですので根気よく継続していかなければならないのですが、一生続ける必要はなく、あくまで完治するまでの期間限定の一時的な食事方法だということです。

 

完治してしまえばお肉を食べたり冷たいアイスや甘いものを食べても体が痒くなったり炎症が起きることはありません。

 

ですので、「食事によって体質改善してアトピーが完治するまでの間は少し我慢しましょうね」ということです。

食事によって体質改善を図るには「胃腸を健康にする」必要があります。

 

アトピーと胃腸は切っても切れない関係で、アトピーを完治させるには「胃腸の健康」はかかせません。

この事を知らないアトピーの方は意外と多く、インターネットで健康食品やサプリメント、塗り薬などを探して試している人はたくさんいますが、大事なのはそこじゃありません。

 

大事なのは「栄養の摂り方」、つまり食事の仕方です。

あなたの毎日の「食事の仕方」を見直すことがアトピーを完治させる一番の近道になります。

 

食事の仕方については以下の記事で詳しく解説しています。

アトピー性皮膚炎を完治させる食事療法で大事な3つの習慣

スポンサーリンク