アトピー性皮膚炎で悩んでいる方や、そのご家族の方であれば、「食事」は特にアトピー性皮膚炎の症状の改善や完治に大事な要素だということは知っていると思います。

そしてついつい食べ物そのものばかりに注目がいって「これは食べてもいい」・「これは食べちゃダメ」というふうに敏感になっていると思いますが、実はそれに加えてもう1つ大事なことがあるのです。

 

それは「食べ方」です。

「アトピー性皮膚炎を完治させる食事療法」と位置付けるならば、この「食べ方」もそれに含まれるのではないでしょうか^^

 

ちなみに、食材そのものの↓

何を食べたらアトピーに良いのか

何を食べたらアトピーに良くないのか

上記の2つに関しては以下の記事にて詳しく解説しています、この点を押さえるだけでもかなり効果的です。

 

アトピー性皮膚炎の完治に必要な食べると良い食べ物!

アトピー性皮膚炎が悪化する悪い食べ物を知り体質改善!

 

そして「食べ方」については絶対に守るべき3つの大事な習慣があるのですが、これから解説していきますので覚えておいてください、どれもアトピーの完治にかかせない習慣です^^

 

スポンサーリンク

胃腸を健康にすることが目的

これから紹介する3つの方法は、全て「胃腸を健康にする」ということを目的としていますが、アトピーの方は総じて胃腸が弱っていて食べ物を十分に消化する能力が低下しています。

 

胃腸が弱っている状態では腸壁が荒れていて消化力が落ちていますし、そんな状態では食べたものを効率よく消化できません。

胃腸のことを考えずに手当たり次第に好きなものをたくさん食べていては、ますます胃腸が荒れて消化不良となりアレルギー反応となって症状にあらわれてしまいます。

 

ですのでまずは、胃腸にできるだけ負担をかけずに消化できるようにしてあげる必要があります。

①食事の量は「腹6分目」にする!

あなたはこれまでに、夜中にお腹が減って夜食を食べて就寝したけど、なかなか寝付けなかったり翌朝、胃が重くてなかなか起きられなかった経験はないでしょうか?

消化というのはとても体力がいる作業で、夜中は体も休みたいのに胃は食べたものを消化するために一生懸命働いているので疲れがとれずに睡眠の質が悪くなります。

 

総じて皮膚炎に悩んでいる人は胃腸が弱っているため、健常者と同等の食事量では胃腸に負担がかかってしまうことで免疫力が低下します。

ですので、現在の体質に合った食事量にする必要があるのです。

 

アトピー体質を変え、完治すれば通常の食事量にしても問題はありせんし、症状が悪くなることもないでしょう。

勘違いしないでほしいのは、一生涯腹6分目の食事量にするというわけではなく、あくまで一時的な食事療法だということです。

 

 

タイトルを見てあなたは、

「腹6分目?少なすぎじゃない? (´・ω・`;)   」

って思ったと思いますww

 

思春期など、成長期にあるお子様をお持ちの方は、無理に「腹6分目」を守らせなくても良く、普段の食事より1割か2割くらい少ない食事にすれば良いです。

その代わり、次にも解説していますが、「よく噛む」という事を徹底させてください。

 

スポンサーリンク

 

②食事は1口につき50回噛んでから飲み込む!

ほとんどの人は10回~20回の間の回数くらい噛んで飲み込んでいると思いますが、アトピーの人は50回噛んでから飲み込むようにしてください。

目的は消化を助け、胃腸の負担を減らすことです。

 

さきほども言いましたが、アトピーの人や皮膚炎に悩んでいる方は胃腸が弱いので、50回噛むことで唾液と食べ物が混ざり細かくドロドロになるので胃や腸に負担をかけません。

 

しかしこれを実践してみると、かなり大変で慣れるまでは難しく感じます。

実際、私も始めのころは50回噛むのが難しく、「腹減ってるのに50回も噛んでられるか!(゜д゜)アホか!」と言って30回位が限界で飲み込んでいました。

お腹が減っていると早く飲み込みたいんです、笑

 

特にお子様には50回噛んでから飲み込むように言ってもなかなか守ってくれないと思いますが、そういう時はお父様やお母様が一緒に食事をして50回噛んで飲み込むお手本を見せてあげてください。(一緒に回数を数えて飲み込むのが良いかもしれませんね^^)

 

最初から50回は難しいと思いますので、20回からでも良いです^^

慣れてきたら10回ずつ回数を増やしていくとストレスも溜まらず必ず習慣化されますし、ごはんもなるべく消化に良いものを用意してください。

 

50回噛めば消化に良いですが、もう1つメリットがあります。

それは「少ない食事量で満腹になり食事に満足する」ということです。

 

50回も噛むと脳の満腹中枢が刺激されて腹6分目の食事でも満足感を得られます。

これは皮膚炎の悩みがない方にはダイエットになり、かなり効果的!なのでオススメします、お金のかからない究極のダイエットかもしれませんね、笑

 

③食品添加物を摂らない!

せっかく皮膚炎に良い食べ物を食べていても、それが添加物がたっぷり入った食べ物だったら意味がありません、というか逆にかゆみなどの症状が悪化します。

食品添加物がたくさん入っている食べ物は、身近なところだと「インスタント食品」や「安いコンビニ弁当」などが該当します。

 

コンビニ弁当に含まれている大量の食品添加物や、酸化している揚げ物の油などを摂ると確実に腸内環境が悪化しますし、かゆみが出ます。

「Lチキ」とか「からあげくん」も美味しいかもしれないけど我慢してね(。╹ω╹。)ww

コンビニで昼食や夜食を済ませるのは絶対に止めて下さい!簡単で構わないのでなるべく自炊してください。

 

PS

皮膚炎を治したいが為にいろんな物を飲んだり塗ったりした経験があると思いますが、一番大事で優先するべきは「体質改善」です。

その為にはここで解説した、

  1. 食事の量は「腹6分目」にする!
  2. 食事は1口につき50回噛んでから飲み込む!
  3. 食品添加物を摂らない!

この3つが非常に重要ですので無理のない範囲で始めてみてください。

継続して習慣にすることが大事ですのであなたのペースで徐々にで構いません。

 

私も以前まではコンビニに行くとつい、「からあげくん」や「Lチキ」などを食べてしまっていたのですが、「食べない習慣」を身につけると食べたいと思わなくなり、今では週刊誌を読むだけの目的でコンビニに行っていますww

やはりコンビニに売っている食べ物を食べるとかゆみが出るので自然と食べなくなりました。

あなたも少しずつ食事療法に取り組んでいって皮膚炎の完治を目指して頂けたらと思います^^

スポンサーリンク