同じ人間の皮膚でも、アトピー性皮膚炎の方と、そうではない一般の健常者との皮膚は状態が少々異なっています。

肌としての機能はどちらも同じですが、肌の本来の機能がうまく働かないと肌がアトピー体質となってしまうのです^^

ここでは皮膚構造と機能について解説します。

スポンサーリンク

アトピー体質とは何か

少し皮膚構造と機能の話しをしますが、肌がアトピー体質になっている状態というのは、先天的に角層の保湿機能が低下していることを意味します。

角層というのは皮膚の一番上の表面の部分のことです。

 

アトピー性皮膚炎というのは皮膚の角層の保湿機能が低下して乾燥性の皮膚炎を繰り返すものです。

日本の環境汚染がピークに達する1970年までには、7歳までに角層の保湿機能が回復していたのでアトピーが治っていました。

 

しかし1970年を過ぎたあたりから角層の保湿機能が回復しなくなってきて大人になってもアトピーが治らない人が増えてきたのです。

 

じゃあ何で7歳までに角層の保湿機能が回復せずにアトピーが治らず大人のアトピーが増え、重症化・成人化してきたのかというと、

生まれてきた赤ちゃんの皮膚では、昔と違って車や工場から排出される活性酸素が、皮膚についている脂と結合して過酸化脂質を作ります。

 

そうすると角層の表面にへばりついて皮膚の中にしみこんでいき、その過酸化脂質がどんどん皮膚の保湿機能を奪うのです。

 

昔は環境汚染も無く活性酸素も無かったので小学校に行く前にはアトピーは治りましたが7歳の子供より20歳の人の方が13年も過酸化脂質がへばりついている期間が長いので症状も悪くなってきます。

 

20歳よりも30歳、30歳よりも40歳というように期間が長いほど症状は悪くなりました。

これがアトピー性皮膚炎のメカニズムで昔アメリカで発表されました。

 

そして世界的権威である日本の医学博士の長年の研究による科学的根拠によって「アトピーの悪化は環境汚染でできた活性酸素が原因である」という論文が世界で初めて認められました。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の増加・悪化の原因は角層のバリア機能の破壊にある

40年ほど前からの国際皮膚科学会でのディスカッションが開かれ、20年ほどで集約された情報で、これほどアトピーが悪化した原因は「皮膚のバリア機能の破壊」にあるとされました。

Barrier バリア=壁・防波堤

角層のバリア機能の破壊とは?

皮膚の角層のバリアというのは皮膚の表面にある、目で見てもわからないタンパク質のことで、そのタンパク質がしっかりしていると皮膚の水分が蒸発しないので、結果、アトピーはあまり悪くなりません。

その逆で、バリアーがボロボロだと水分が蒸発するのでアトピーは悪くなります。

 

もう1つ、空気中のハウスダストやダニやカビなどは「抗原(こうげん)」と呼ばれ、これらはアトピーのかゆみの原因となります。

皮膚の中には「好酸球」・「肥伴細胞」というものがあり、これは皮膚の表面に移動していますが、これらと先ほどの抗原が接触すると皮膚がかゆくなります

 

皮膚のバリアーがしっかりしていると接触しにくいのでかゆみは出ません。

つまり、バリアーがしっかりしているかいないかがアトピーで皮膚が痒くなるかならないかの分かれ道なのですね(/ω\*)

 

元々の皮膚の構造とアトピー性皮膚炎の方の皮膚機能はこのようになっています。

 

アトピー悪化の原因は肌のバリアの破壊によって角層の保湿機能が奪われますます乾燥肌になるということですね。

そうなると、たやすく抗原(ダニ・ハウスダストなど)に接してしまうのです。

バリアがしっかりしていればアトピーはそれほど悪くはなりません。

 

この結論が、20年ほど前に国際皮膚科学会で結論付けられたものです。

しかしこの結論には1つの疑問が解決されていませんが、それはなぜ皮膚のバリアが最近破壊され、昔は破壊されなかったのか?ということです。

 

そこでアトピー患者と健常者の角層を特殊な器具を使い、破って中のバリアーを取り出すと、健常者のバリアーはしっかりしていますが、アトピー患者のバリアーは潰れていました。

 

活性酸素を測定する特殊な染色液を使って染め、「アトピー患者のバリアーの破壊は環境汚染でできた活性酸素が原因でバリアー機能が低下している」ということを、世界的権威である日本の医学博士がイギリスの雑誌で発表しました。

 

アトピーが増加・重症化した原因は環境の汚染と、それが出す活性酸素にあるということが国際学会で認められています。

スポンサーリンク

最後に

「アトピーはダニやハウスダストが原因だから部屋を綺麗にしましょう」という人がいますが、それをいくらやっても残念ですがアトピーは完治しません (´・ω・`)。

自分もアトピーでしたので試しましたし、それを実践して治った方はいないでしょう。

 

ダニやハウスダスト、カビ自体が問題なのではなくて、それに反応している自分の体が問題なのです。

体質を変えないとアトピーは完治も改善もしないので、部屋の掃除に力を入れるのは努力の方向性が間違っています。

※もちろん汚いよりは綺麗な方が良いですよ、笑

 

体質改善についてはこちらの記事で解説しています^^

必読!アトピー性皮膚炎の大人の体質改善は食事に秘密あり!