アトピー性皮膚炎を治療する目的で大きな病院や皮膚科に行くことがあると思うけど、この病院・皮膚科選びを間違えるとアトピーの治療の妨げになるどころか悪化する恐れもあるんです。

医者って結構テキトーな人がいたりテキトーな事を言う人もいるから簡単に信じちゃダメ。

「こういう医者がいる病院とか皮膚科は要注意」っていうポイントを解説するから参考にしてね(。╹ω╹。)

スポンサーリンク

ネコさん

先生、〇〇病院の皮膚科の先生の出す薬塗ってもアトピー良くならないんだけど・・。

先生

ネコさんの症状を診てしっかり診断していない可能性がありますね。

先生

具体的なアドバイスをしなかったりマニュアル通りの事しか言わない医者は要注意です。

病院の評価や口コミだけで皮膚科を選ばない

人は「病気を治したい」と思うと、なるべく名の通った大きい病院とかネットの口コミとかで病院や皮膚科を選びがちだと思う。

でもそれが結果的に「良い病院」・「良い皮膚科」とは限らないよね。

 

皮膚科っていっても皮膚の病気って1つじゃないし、あなたの症状に合った的確な診断と治療方法を導き出してくれるかわからない。

 

僕が思う「良い病院」・「良い皮膚科」っていうのは、「自分が納得できる診断と治療方法を導き出してくれるかどうか」なんだよね。

 

口コミが良かろうが病院がデカかろうが、そんなことはあなたに関係ないし、全然メリットじゃないです。

 

医療の世界には、その病気や症状によってマニュアルがあります。

大きい病院ほど、そのマニュアル通りの診断しかしなかったり詳しい診断もしないでテキトーな薬を処方している気がするんだよね。

 

こんな事を言う皮膚科医は注意

病院に行って皮膚科を受診するのは、アトピー性皮膚炎の治療の為に自分の症状を正確に伝えて正しい診察を受けるのが目的です。

 

その為には皮膚科医とのコミュニケーションが必要なんだけど、あまり自分の皮膚の状態に関して詳しく説明していない人が多いんじゃないかな?

 

たとえ医者を相手にしても自分のアトピー肌を見せるのが恥ずかしかったりする人がいると思う。

だからあまり肌を見せずに「毎回同じ薬をもらいに行くだけ」の人も多いのかもしれない。

 

アトピー性皮膚炎はステロイドを塗ってるだけで治るもんじゃないし、いろいろ調べるうちにいろんな知識が付いてくる。

 

そうすると医者に質問をすることが増えてくると思うんだけど、質問したときに「どうしてそんなこと聞くの?(゜д゜)」って不機嫌になる医者はダメだね。

 

黙って医者の言うことを聞いてればいいんだよ(゜д゜)」っていうオーラを出して患者とコミュニケーションをとらない医者はアウトです。

 

あとは、「アトピー性皮膚炎は治りません」とか「あなたのアトピーは治らない」とか言う医者は問題外だよ。

医者が諦めて患者はどうすりゃいいんだよ!って感じ、医者失格です。

スポンサーリンク

あなた自身がどうしたいか主張すること

皮膚科医が適当に診断して、適当に処方されたステロイド外用薬をただ皮膚に塗ったりするんじゃなくて、まずはどういう治療方針でいきたいか主張するべきです。

 

アトピーの治療方法でも、

  1. 「ステロイドを塗って症状を抑えながら生活していくのか」
  2. 「脱ステロイドでアトピーの完治を目指すのか」

単純にこのどちらを目指すにしても、治療方法が全く違ってくるよね。

 

片方はステロイドを塗って症状をコントロール、もう片方はステロイドの使用を中止するわけだから。

何も主張しないでいると、皮膚科医は永遠にステロイドを処方し続けると思う。

 

だからあなたが自分の意見を主張してそれに対していろんな治療方針とかそれぞれのメリット・デメリット、

過去の事例なんかを教えてくれてしっかり親身になってくれる医者は良い医者だと思うし信用できる。

 

その意見を踏まえて、自分とか家族が納得して治療法を選択するのが大事。

 

まぁ、ほとんどの皮膚科医は脱ステロイドなんて薦めないし、ただマニュアル通りにステロイドを処方して皮膚の炎症を抑えるような治療方針しか提案しないと思うけど、結局それじゃあアトピーは治らないんだよね。

 

アトピー性皮膚炎を改善できるかは結局あなた次第

現実問題として今現段階で、アトピー性皮膚炎自体を完治させる薬は存在しないです。

 

アトピー性皮膚炎は体質的なものとかいろんな要因が重なって、皮膚に炎症とかかゆみが現れるもの。

アトピーの程度も主要原因も、治療法も人それぞれだしいろんな事を改善していく必要があって、時間もかかるし治しづらい。

 

アトピーの炎症に効くステロイドだって、皮膚の炎症を一時的に体内に無理やり引っ込めているだけに過ぎない。

だから良くなったと思っても根本的に問題の解決になっていなくて、しばらくしたらまた炎症とかゆみがぶり返してくる。

 

アトピーを治そうと思ったら、やっぱりステロイドに頼らずに根本的に体質を改善させる必要がある。

 

脱ステロイドは症状が重いほどリバウンドが酷いから強くは勧めないけど、食事療法とかお風呂の塩素対策でかゆみを抑えたりすることはできるし効果も高い。

スポンサーリンク

とにかく痒みを抑えたいなら下の記事でまとめてあるので読んでみてください(。╹ω╹。)

痒み対策のまとめ記事はこちらから

かゆみの予防法はここからね^^

アトピーの原因と我慢できないかゆみを予防する方法