アトピー性皮膚炎の症状というのは、良くなったり悪くなったりを繰り返す特徴があります。

 

その大きな要因としては「食べ物」が大きく関わっていて、

身体の中に取り入れた「食べ物」によってあなたのアトピーが悪化している可能性がある。

 

あなたのアトピーについて少々詳しいなら「アトピーが悪化する悪い食べ物」を知ってるかもしれないけど、ここでもう一度おさらいしておきましょうね。

スポンサーリンク

ネコさん

食べ物を変えるとアトピー良くなるのかな?

先生

アトピー性皮膚炎の症状が重い方は普段の食べ物を見直しましょう。

先生

アトピーの症状を良くするには食べ物はかなり重要です。

アトピーの症状を悪化させる食べ物とは

普段から食べている食べ物はアトピーの方にとってはかなり皮膚の症状に影響を及ぼします。

 

下に挙げる食べ物が好きでよく食べている場合はなるべく控えるようにした方がアトピー症状の悪化を防ぐことになるし治療を早めることもできます。

(食べるなと言っているわけじゃないよ)

 

あなたが現在アトピーの症状が比較的軽くて治まっている状態でも、

これらの食べ物を中心とした食事をしていると症状が悪くなることもあるから特に下に挙げる食べ物には注意してね^^

 

コーヒー チョコレート ココア ポテトチップス・お菓子

お肉(牛肉・豚肉・鶏肉は) ラーメン ピザ カレー(油の含有量が多いため)

辛い物(刺激で腸壁を傷つける)

甘い物全般(白砂糖が使われているもの)

パン(マーガリンやショートニングが使われている)

スポンサーリンク

お肉

豚や牛や鶏などの肉はタンパク質だけど、実はお肉は消化に悪く腸の中で腐敗してしまうんです。

魚の油と違って肉の油は腸で分解されづらくて血液中に混ざり皮膚に湿疹ができる原因になります。

 

腸内環境を良くする事はアトピー完治の条件の一つだけど、

お肉は腸壁を傷つけてしまい腸内環境を悪くするのでアトピーが治るまではなるべく控えた方が良いでしょう。

 

お肉は控えて魚や野菜が中心の献立にしましょう。

白砂糖

白砂糖にはミネラルやビタミンなどの栄養素は一切入っていません。

 

元々黒砂糖に化学薬品を入れて漂白して煮詰めるなどの工程を繰り返して作られた完全なる化学製品です。

 

「糖尿病=砂糖」を連想する方もいるかと思うけど、白砂糖を大量に摂取すると血糖値が急上昇するため糖尿病の原因になる。

 

そして身体は血糖値の上昇を抑えるために胃の活動力を低下させるから消化が悪くなり腸内環境が悪くなってしまうんですね。

 

また、白砂糖は悪玉菌の餌となり腸内の悪玉菌が増えることによって腸内環境が悪くなることの原因となり身体のかゆみも出てきます。

 

じゃあ料理の味付けはどうすんのよ!(゜д゜)」ということですが、料理に使う程度の少量の砂糖くらいは大丈夫です。

白砂糖の代わりにするならオリゴ糖に切り替えると良いです。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌になるから腸内環境は悪くなりません^^

乳製品

ヨーグルトやチーズや牛乳などにはタンパク質の「カゼイン」が入っているんだけど、これがアレルギーを起こす原因になる。

 

腸内環境を整えることはアトピー性皮膚炎の完治には重要だけど、乳製品で腸内環境を整える必要はありません。

 

ヨーグルトはいろんな乳酸菌が入っていて種類も豊富で、自分に合う乳酸菌を食べれば腸内環境を整える効果が期待できるし食べてもいい。

 

でもヨーグルトには加糖されているものが多いから大量摂取は症状の悪化に繋がることもあるから注意してね。(白砂糖の大量摂取)

スーパーで売られている植物油や油を使った加工品

揚げ物や炒め物に使うサラダ油やマヨネーズ、マーガリンにはリノール酸という成分が入っていて、アレルギーを悪化させます。

 

酸化しやすい油は使用せず炒め物にはオリーブ油に変更し、

できればサラダなどにはαリノレン酸などが入っているオメガ3系のエゴマ油をかけて食べるといいです。

 

酸化した植物油がたくさん含まれている食品はこちらです。

・揚げ物料理(唐揚げ、コロッケ、フライドポテト、てんぷら、油揚げ)

・マーガリン、ドレッシング、マヨネーズ、バター
・インスタントカレールー、インスタントラーメン

・スナック菓子(ポテトチップス)、ドーナツ・クッキー

かゆみの原因になる「ヒスタミン」を含む食材

かゆみを引き起こす成分に「ヒスタミン」があります。

ヒス タ ミンは,血 管拡張,平 滑筋収縮,胃 酸分泌 などの薬理作用を有 し1),こ れを多量に含有す る食品を摂取す ると,蕁 麻 疹,悪 寒,発 熱な どのア レル ギー様食中毒を起 こす ことが知 られてい る2)

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokueishi1960/23/4/23_4_339/_pdf

アトピーの痒みが強い人は皮膚科でかゆみを抑える飲み薬とか処方されて飲んでる人もいると思う。

 

あれはかゆみの原因になるヒスタミンを抑える効果があって、その影響でかゆみが治まっているわけです。

 

ヒスタミンは普段口にする食材に含まれていて、その食材を避けることで体の痒みを防止することができる。

ヒスタミンを含む食材を紹介するね^^

 

お肉だと「鶏肉・牛肉・馬肉」で、魚だと「カツオ・サバ・ブリ・マグロ・イワシ・カレイ・アジ」が多いですね。

魚に関しては「赤身の魚はヒスタミンが多い」から、白身の魚がおすすめです。

 

魚や貝に含まれるヒスタミンの量は調査されていてデータがしっかり出ています。

高速液体クロマトグラフィーによる魚貝中のヒスタミンの定量PDF

 

野菜だと「ホウレンソウ・ナス・トマト」で、たくさん食べるとかゆくなる人がいる。

あとはチーズにも多く含まれているからチーズ好きの人は注意してね^^

 

ちなみにヒスタミンは熱を加えても変化しないから生で食べても加熱して食べても影響度は変わらないです。

 

卵かけご飯を食べてかゆくなる人は卵アレルギーの可能性が高いけど、卵巻きとか目玉焼きにして食べると痒くないことがあります。

 

食物アレルギーが対象のタンパク質って熱を加えるとアレルゲンが弱くなる性質があって、これはヒスタミンと違うところですね。

 

僕はそばアレルギーだけど、茹でたソバを食べても吐くから無理ww。

 

お肉を控えて魚を食べるようにした方が胃腸に負担にならないから、アレルギー反応を抑えてかゆみや炎症が起きにくくなる。

 

でも赤身の魚はヒスタミンが多く含まれているから、魚を食べて痒くなる人は「白身の魚」を食べてみた方がいいですね^^

刺激物と食品添加物もアトピー悪化の要因

食品添加物もアトピー悪化の原因でなるべく避けたほうが良いんだけど、

スーパーとかコンビニで売られている調理されたもののほとんどに食品添加物は使われています。

 

それを避けるのは至難の業だけど、特に避けたほうがよいものを挙げるなら以下のような添加物です。

 

人工甘味料(アスパルテーム)、人工着色料、人工香料、防腐剤・保存剤(パラベン)、酸化防止剤(ブチリヒドロキシアニソール:BHA、ブチリヒドロキシトルエン:BHT)

 

胃腸の刺激物になる辛いものも痒みを引き起こす原因になるからあまり食べ過ぎない方がいいです。

まとめ

アトピー性皮膚炎と戦うあなたに良くない食べ物をいくつも紹介したけど、

一気に全部止めようとすると食べたいものを食べられないストレスが溜まって逆効果になります。

 

なので、まずは

  • 「砂糖を使った甘いもの」
  • 「添加物をたくさん使った加工食品(カップラーメンやコンビニ弁当や冷凍食品など)」

この2つを控えるか食べる量を減らすにすることから始めてみましょう、食生活を改善できれば確実にアトピーの症状は良くなってきます。

 

特に

  • 「砂糖を使った甘いもの」

これを止めると短い期間でも効果を感じられます。

白砂糖が本当にダメです。

かゆみが強い方で甘いものが好きで毎日食べている人は「試しに1週間我慢」してみてください。

 

慢性的に摂取している糖分を一気に断つとイライラしてくることがあるけど、1週間我慢すればかゆみがかなり軽減されてくると思う。

皮膚の湿疹も良くなるはず。

最後に

勘違いしないでほしいのですが、体質改善しアトピーが良くなってくるとお肉などを食べても徐々にかゆみとか湿疹が出なくなってくる。

 

一生我慢しろというのではなく、「ある程度良くなるまでは控えましょうね」ということです^^

そして、ここに挙げた食べ物は一般的にかゆみや症状が悪化する可能性があるもので、人によっては全く悪影響の無い食べ物だってあると思う。

 

ここに書いてあるものを全部避けなきゃいけないんじゃなくて自分の体質にはどれを避けたほうが良くてどれは食べても大丈夫なのか探ることが一番大事です。

スポンサーリンク