実はあなたが使っている化粧品には危険性の高い成分が含まれているかもしれません。

アトピー肌は肌のバリア機能が弱っていて刺激に敏感だから極力危険なものは避けるようにしないといけない。

今回の記事では「アトピー性皮膚炎の肌に塗る化粧品やクリームの危険性と対策」について解説します。

スポンサーリンク

先生

化粧品を選ぶときは必ず成分表示を見て危険なものが無いかチェックしましょう。

ネコさん

何が危険かってあまりわかんないな

先生

そうですね、「危険=肌の刺激になる成分」ですが、具体的なものは今から解説しますね

化粧品の宣伝文句に注意しよう

化粧品の宣伝文句には「無添加化粧品」とか「自然派化粧品」とか書いてあって安全性をアピールしてるものが多い。

でもそれを買って使ってみたら肌に合わないこともあって、実は肌に刺激になるものが入ってたっていうオチがある。

 

化粧品とかは買う前に成分表示を見て肌の刺激になるものが入っていないかチェックするのは必須ですよ^^

 

アトピーの方と敏感肌の方が避けるべき成分

人によって何が刺激になるかはその人のアレルギーにもよるから違ってくるけど、アトピーの方や敏感肌など総じて「肌が弱い人」が避けたほうがいい成分っていうのがあるんです。

 

かゆみとか炎症を起こす可能性の比較的高い成分は避けるべきなので、今から出てくるものがなるべく入っていない化粧品を選ぶようにしましょうね^^

 

エタノール

このエタノールはかなり皮膚への刺激があってヒリヒリしたりかゆくなりやすいです。

手の消毒とかでもエタノールってあるよね、あれも手にアトピーがある人が使うとヒリヒリしてしまうからダメですね。

 

使ってみればわかるけど、とても刺激があってヒリヒリするし揮発性が高いから使った後はとても乾燥しますね。

 

エタノールが化粧品に入っているのは防腐剤の役割があるからです。

アルコールって腐らないでしょ?混ぜることで腐食を防ぐんですね。

 

化粧品をなるべく安く買おうとしている人は注意したくて、安い化粧品にはエタノールが含まれている可能性が高い。

 

 

エタノール以外でも〇〇アルコールとかアルコールが名前に付いている成分もちょっと注意した方が良くて、濃度が濃いとアレルギーの原因になります。

  • セタノール
  • ステアリルアルコール
  • ラノリンアルコール

とかですね。

アルコール自体にアレルギーがある人は体質的に合わない可能性が高いから特にに注意してね。

 

エタノールの代わりに使われる「プロピレグリコール」とか「プロパンジオール」っていうのも刺激になるから避けたほうがいいです。成分表には「PG」って書いてあります。

 

反対に「ブチレングリコール(略称:BG)」は肌への刺激が少ないから、これが入っている化粧品はアトピー肌や敏感肌には使える。

濃度が濃いとかゆくなる場合がまれにあるみたい。

 

尿素

よく「尿素〇%配合」とか保湿力をアピールしてるクリームとか売られてるけど、実は尿素もかなり皮膚への刺激性が高い成分です。

 

今使っているもので尿素入りのものを使っていて特に問題が無いなら皮膚に合っているってことだから問題ないけどそれ以外の人は注意してください。

皮膚科で処方されるものにも尿素が入っているものがあるので。

 

保湿成分は尿素以外にもあるから尿素入りを選ぶ必要は無いです。

 

香料

香料はほんとに必要の無いものです。

化粧品に香料を入れる目的は「使っている原料のにおいをごまかすため」で、変なニオイだと消費者が使い続けてくれないから。

 

「消費者は化粧品のニオイが良くないと使ってくれない」と考える化粧品メーカーは多くて、匂いにこだわる理由も分かる。

商品が良い物でも使っていて周りから「臭い」って言われるような商品なら使いたくないよね (´・ω・`;)   

 

でも皮膚には全く必要の無い成分で皮膚には害にしかならないから香料の入っているものは避けるべきです。

 

香料がアトピー性皮膚炎の悪化の原因になることは「日本皮膚科学会ガイドライン」にも以下のように記載されています。

外用薬,化粧品,香料,金属,シャンプーやリンスなどに対する接触アレルギーで皮疹が悪化することもある84)85).

被疑物質との接触を避けることで皮疹が軽快するかを観察するとともに,パッチストで診断を確定し,原因物質との接触を避けることが必要である(詳細は接触皮膚炎ガイドライン86)を参照).

引用元:本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会

ちなみに「無香料」の表示でも「香料が入っていない」っていうだけで化粧品自体のニオイはあると思います。

 

香料は保湿剤以外にも「シャンプーやリンス」「ヘアケア用品」「台所用洗剤」「ハンドソープ」とかにも広く使われていて、皮膚に接触するものとしては「柔軟剤」に注意したい。

 

柔軟剤は香料が入っているから良いニオイがするけど、これって香料が衣類に付着しているからニオイがするんだよね。

 

汗をかくと汗によって衣類から柔軟剤の成分が溶け出して皮膚に刺激を与えるから、柔軟剤は使わない方がかゆみのリスクは減らせるよね^^

 

アトピーの方で気管支喘息持ちの方もいると思うけど、香料は喘息を悪化させるから喘息の悪化を防ぐためにも避けるべきです。

 

柔軟剤を使った衣類を部屋に干すだけで空気中の芳香成分の量(VOC濃度)が高くなって喘息の悪化を招くから使わない方が良いですね。

 

アトピー肌や敏感肌に使える化粧品

じゃあどんな成分が入っている化粧品が安全なの?っていうことだけど、目安はあります。

 

①まず、エタノールとかのアルコール系は入っていなくて、成分表示の初めの方に先ほど出てきた「ブチレングリコール(略称:BG)」と「グリセリン」が入っているものを選びましょう。

 

この2つは刺激が少ない成分で、これらを主要成分で作られている化粧品とか保湿剤はアトピー肌とか敏感肌用に十分使えますね。

僕が使っている保湿剤にもこの2つが使われています。

 

②エタノール・尿素・香料が入っていないものを選びましょう。

さっき説明したけど、これらはアトピーや敏感肌への刺激になるから入っていないか必ずチェックしようね。

僕が使い続けている保湿剤には入っていないから使ってもかゆくならないです^^

 

③セラミドが入っているものを選ぼう

アトピー肌は肌の乾燥を防ぐ役割のある「セラミド」が不足しています↓

生まれつきアトピーの人は最初からセラミドが少ない体質の可能性が高いです。

僕も幼少の頃からアトピーだったんだけど、そういう人は肌が乾燥しやすいからセラミドを補充してあげると効果が高いですね。(保湿することで乾燥による痒みを抑制できる)

 

セラミドが不足すると乾燥が進んで肌のバリア機能が弱くなって刺激に敏感になったり感染症にかかりやすくなるからセラミドが入っているものを選びましょう^^

 

男性なら普通に保湿剤として使えて、女性なら化粧品としても使えるおすすめのものがあります^^

 

女性なら、「化粧水」・「乳液」・「クリーム」・「美容液」をそれぞれ使ってると思うけど、以下の化粧品だとその役割をこれ1つでできてしまいます。

メディプラスゲルの公式サイトはこちらから

 

実際に使ってみた乾燥も記事にしてるから参考にしてみてね↓

アトピー肌の保湿とスキンケアを同時にするおすすめの化粧品

 

僕が使い続けているおすすめの保湿剤

僕が使い続けているアトピー専用の保湿剤がもう1つあるので紹介します。

危険な成分が入っていないのはもちろんだし、使い心地も良くて気に入ってます^^

詳しくは下の記事で解説しているので参考にして下さい(。╹ω╹。)

アトピー肌専用の保湿剤