アトピー肌や乾燥肌の保湿とスキンケアが同時にできる保湿剤があったら欲しくなりませんか?

男性なら普段の保湿剤として使えるし、女性なら顔のスキンケアで手間のかかる「化粧水」・「乳液」・「美容液」・「クリーム」これらの手間が「メディプラスゲル」を塗るだけで完了します^^

 

肌に刺激になるものは入ってないから安心だし、肌が弱かったり敏感肌でも使えて保湿できるしおすすめ(。╹ω╹。)

いますぐ欲しかったら下のリンクからどうぞ。

メディプラスゲルの公式サイトはこちらから

 

今回は「アトピー肌の保湿とスキンケアを同時にするおすすめの化粧品」について解説するね。

ネコさん

先生、アトピーの僕でも使えるおすすめの保湿剤ないかな?

先生

そうですね、アトピー肌でも使える保湿剤でおすすめできるものは2つありますけど、今回はそのうちの1つを紹介しますね。

ネコさん

早く使いたい!教えて~^^

アトピー肌に使える市販の保湿剤や化粧品の基準

まず、健常者の方の肌と違ってアトピー肌は外部からの刺激を受けやすくて超敏感肌です。

アトピーの方の肌は生まれつき「セラミド」っていう肌の水分を保つものが少なかったりするため、肌を守る「バリア機能」が弱くなっています。

 

それで、超敏感な肌だから、市販されてる保湿剤をテキトーに選んで塗ったりすると配合されている成分に反応して炎症が起きたり痒くなったりすることがよくあるんだよね。

化粧品も同じ。

 

保湿剤の役目っていうのは、炎症の起きていない乾燥している皮膚に塗ることで、皮膚がかゆくなる原因の「乾燥」を防いで掻くのを防ぐためのものなんです。

 

掻いて炎症が悪化したりするのを防ぐのが目的なのに、塗って痒くなるようじゃ本末転倒だしこうなっちゃったら2度と使わないし、お金ももったいないよね(´・ω・`;)   

 

だから敏感肌の人とかアトピー性皮膚炎の人は保湿剤を選ぶときは慎重にならないといけないし、なるべく刺激物が入っていないものを選ぶことが大事になってくる。

刺激の元になる成分

アトピー肌に対して刺激になりやすい成分があるんだけど、多くの保湿剤に含まれてるものだから買う前に成分のチェックは必須だね^^

 

広告には良い事しか書かれてないし、なかなか判断しにくいけど成分表示はありのままの事実として「成分表示」の記載があるから、その中に避けるべきものが入っていないかを探すわけ。

 

じゃあ何が肌の刺激になって、何を避ければいいの? (´・ω・`;) 」っていうものを下に書いたよ^^

 

香料

香料が入っている保湿剤は多いんだけど、この香料がアトピー肌の刺激の元になるから入っていないか確認する必要があるね。

香料がアトピー肌に影響することは以下の引用元の日本皮膚科学会も認めています。

外用薬,化粧品,香料,金属,シャンプーやリンスなどに対する接触アレルギーで皮疹が悪化することもある84)85).

被疑物質との接触を避けることで皮疹が軽快するかを観察するとともに,パッチストで診断を確定し,原因物質との接触を避けることが必要である(詳細は接触皮膚炎ガイドライン86)を参照).

引用元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

香料はアレルギー反応が起きやすい成分だから気をつけた方がいいね。

 

エタノール

エタノールは製品が腐らないように、防腐剤の代わりになるものです。(エタノール自体が腐らないからね)

 

保湿剤に書かれている成分表には、配合されている成分量が多いものから順に記載されています。

序盤の方にエタノールの記載があれば、エタノールがかなり多く含まれていることになるから塗ると痒くなったり赤くなるからできれば入っていない方がいい^^

 

エタノールって皮膚に対して強い刺激になるから入っていない方が良いし、エタノールの仲間で「プロピレグリコール」とか「プロパンジオール」も皮膚刺激が強いです。

成分表示だと略されて「PG」って記載されてあると思う。

 

エタノールの仲間には他に「ブチレングリコール(略称:BG)」っていうのがあるけど、これはほとんど刺激が無いから大丈夫。

 

実際にメディプラスゲルの成分表示には水の次の2番目にBGって記載されてます。

2番めの記載だから水の次に配合量が多いけど、低刺激だから大丈夫って事ね。

 

肌に必要な3つの成分

反対に、アトピー肌に塗る保湿剤に絶対に欲しい成分が3つあるんだけど、それが下の3つです。

  1. 抗菌作用成分
  2. 保湿作用成分
  3. 抗炎症作用成分

順番に解説するね(。╹ω╹。)

 

抗菌作用成分

抗菌作用成分が入っているとアトピー肌に繁殖しやすい「黄色ブドウ球菌」とか「カンジダ菌(カビ)」の繁殖を防いでくれるから感染症の予防になる。

 

僕は1度「ヘルペス菌」っていう菌が額に付いて広がったことがあった。

ヘルペスって口にできるもんだと思ってたからビビッたね。

 

お医者さんに、「アトピーの人はヘルペス菌にもかかりやすいから気をつけてね(。╹ω╹。)」って言われた。

 

最初、ニキビだと決めつけて自然に治るかと思ったけど段々広がっていったからすぐに異常だと思って皮膚科に行きました (;゜Д゜)

 

話を戻して、黄色ブドウ球菌って普段から皮膚に住み着いている菌だけど、アトピーの人はそれが異常に増殖しやすいから感染症になりやすい。

 

その理由の1つに、悪い菌を倒す細胞(抗菌ペプチド)の働きがステロイド外用薬とか免疫抑制剤(プロトピック)によって力が弱くなることも影響しているんです。

 

感染症にステロイドを塗っても治らないし悪化するだけだから、ステロイドを塗っても回復しないときは皮膚科でしっかりした診察を受けてね^^

 

保湿作用成分

下の図のように、アトピー肌には本来肌に必要な「セラミド」っていう保湿成分が少ない人がほとんどで、生まれつき少ない人もいる。

上の図にあるように、アトピー肌は掻いていなくて炎症が起きていない皮膚でもセラミドが少なくて乾燥してるからいつ痒くなってもおかしくない↑。

セラミドを増やすことは肌に水分を与えて乾燥を防ぐことで掻くことを防止できる。

 

セラミドの皮膚への影響力については厚生労働省から出ているアトピーに関しての情報でも以下のように記載されています。

(1)皮膚の機能異常
アトピー性皮膚炎の皮膚の機能異常には水分保持能の低下、痒みの閾値の低下、易感染性などが挙げられている。

a)水分保持能の低下
角層の水分保持能(保湿能ともいう:角層に水分を保つ機能・能力)が低下すると皮膚は乾燥状態となる。

角質の水分保持能には皮脂、角質細胞間脂質、天然保湿因子(natural moisturizing factor)などが関与しているといわれているが、中でも角質細胞間脂質のセラミドが水分保持能に重要な役割を担っていると考えられている7)。

皮膚がカサカサした「乾燥肌」、いわゆるドライ・スキンはアトピー性皮膚炎の重要な症状の一つである(アトピー皮膚)。ドライ・スキンは基本的には角層の水分保持能が低下し、経表皮水分喪失(transepidermal water loss)が増加して角層水分量の減少した状態であるが、アトピー性皮膚炎
では角層の脂質(特にセラミド)の減少が皮膚の水分保持能の低下の要因の一つと考えられている7)。

また、皮膚の潤いには発汗や皮脂の分泌も一部役割を担っている。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-03.pdf

だからセラミドが入っている保湿剤じゃないとダメだよねってこと。

僕は幼少の頃からアトピー肌だったから生まれつきセラミドが少ない体質なんだと思うし、そういう人はセラミドは必須だね。

 

成人してからいきなりアトピーになる人もいるけど、そういう人は生まれつきのセラミド不足じゃなくて他の要因が大きいです。

 

お風呂上りの乾燥が強烈なのもセラミドが少ないせいで、皮膚の水分の蒸発が早いわけです。

 

僕はお風呂上りにメディプラスゲルを塗ると朝起きても肌は潤ってます(。╹ω╹。)

メディプラスゲルには3つのセラミドが配合されてるからちゃんと保湿してくれるからありがたい。

 

抗炎症作用

アトピー肌は超敏感だからちょっとしたことですぐに炎症を起こしてしまうし、一見乾燥してるだけに見える皮膚でも軽い炎症を起こしている場合がよくあります。

 

だから抗炎症作用成分が入っていないと使えないし、塗って炎症を起こして痒くなるようじゃ話にならないです。

 

メディプラスゲルには「グリチルリチン酸2K」っていう成分が入ってるんだけど、これがまさに抗炎症作用・抗アレルギー作用の効果がある。

 

メディプラスゲルに入っている成分と効果

メディプラスゲルに配合されているもので、他に抗菌作用や抗炎症作用がある成分がたくさん入ってるけど、いくつかだけ紹介するね↓

 

オウゴン根エキス

抗炎症作用、抗アレルギー作用、活性酸素除去作用(抗酸化作用)があって、特に活性酸素除去効果が優れていることは証明されています。

昔から使用されていていて、とても安全性が高いので敏感肌やアトピー肌でも安心できる成分ですね。

 

カワラヨモギエキス(抗菌・抗炎症)

毒性とか刺激性がほとんど無くて抗アレルギー作用があって安全。

1993年12月27日の日経新聞内で、このカワラヨモギエキスに発ガン性物質、カビの繁殖を抑える成分が含まれていることが書かれています。(旧農林水産省より)

 

オタネニンジン根エキス(保湿・抗酸化)

これは肌の再生を助けたり老化を食い止める働きがある成分で、この成分を多く含む化粧品を使い続けることで皮膚のハリの改善効果があったっていう報告があります。

 

他には「線維芽(せんいが)細胞増殖促進作用」っていうのがあって、線維芽細胞っていうのは皮膚の真皮の成型に不可欠な細胞です。

この細胞の増殖を促進してくれるから皮膚の修復に役立つわけです。

 

アロエベラ葉エキス(保湿・抗炎症)

肌荒れを防ぐ効果があって、肌への刺激がとても少ないから敏感肌の人でも使えるものです。

※まれにアレルギー反応が出ることがある(パッチテスト推奨)

 

【メディプラスゲルの全成分↓】

水、BG、グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、スクワラン、アボカド油、カルボマー、加水分解水添デンプン、水酸化K、トコフェロール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、PCA-Na、グリシン、タウリン、ヨーロッパブナ芽エキス、カワラヨモギ花エキス、アルカリゲネス産生多糖体、3-O-エチルアスコルビン酸、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、クコ果実エキス、ビフィズス菌培養溶解質、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、セイヨウトチノキ種子エキス、オニイチゴ根エキス、プラセンタエキス、フェニルアラニン、オウゴン根エキス、ラウロイルラクチレートNa、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アルギニン、プロリン、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、チロシン、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、マヨラナ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解エラスチン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ワイルドタイムエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、セラミドNP、加水分解コラーゲン、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、水溶性コラーゲン、クエン酸、アーチチョーク葉エキス、クエン酸Na、セラミドEOP

メディプラスゲル公式ページより

 

メディプラスゲルを使ってみた感想

これがメディプラスゲルです↓

シャンプーとかと同じでポンプ式で半分くらい使ってるけどこれで1ヵ月くらい使ったとこだけど、1本で2カ月は余裕で使えるかな。

メディプラスゲルの公式サイトはこちらから

 

裏にはメディプラスゲルに入っている全成分が記載してある↓

基本的に肌に塗るもの(保湿剤や化粧品)とかを選ぶときは成分表示をチェックして肌に刺激になる成分が極力入っていないものを選ぶ癖をつけようね^^

 

手にとって見ると白い濁ったジェルでベタベタしてないです↓

 

肘の内側はアトピーが酷くなりやすいし、乾燥しやすい場所でもあるから痒くならないように保湿が大事ですね↓

幼少期はかなり肘の内側のアトピーが酷かったからシワになってるのがわかると思う↑^^

 

塗ってみるとすぐに肌になじんでべたつきもテカリ・ベタつきも無くてイイ感じ!

ワセリンみたいにテカらないから顔とか首とか、見られる場所に塗っても目立たないのが嬉しい。

メディプラスゲルを塗った後↑

メディプラスゲルは刺激物はほとんど入ってないけど、炎症を起こして赤くなってるところに塗ると痒くなったりするからそういうところは保湿剤じゃなくてステロイドを塗って炎症を抑えてから保湿するときに塗ってね。

 

僕はずっと使ってて、かなり助かってる。

刺激物がここまで少ない保湿剤や化粧品ってなかなか無くて、アトピー肌や敏感肌に合うものとなるとかなり少ない。

 

これを作ってる会社の社長が敏感肌で、その社長が敏感肌用に作った保湿剤なんですね^^

万が一お肌に合わなかったら返金保証が使えるのは自信の表れですかね^^

 

一応、ターゲットは30代から50代の女性みたいですけど、男性でも普通に使えるし敏感肌やアトピー肌なら年齢・性別問わず使ってOK。

僕も使い続けてます(。╹ω╹。)

メディプラスゲルの公式サイトはこちらからどうぞ