顔に湿疹ができてる赤ちゃんって結構多いけど、いざ自分の赤ちゃんの顔に湿疹ができるとちょっと驚くと思う。

 

生まれてまだ幼い新生児は体に湿疹が出やすい状態だから焦る必要は無いです。

ここでは赤ちゃんの顔の湿疹の原因と予防策について解説していきますね^^

スポンサーリンク

ネコさん

赤ちゃんの顔の湿疹ってアトピーなのかな?

先生

赤ちゃんなどの新生児の湿疹は大人のアトピーとは少し違います。

先生

アトピーとの違いや治し方も解説しますね

赤ちゃんの顔や体の湿疹にはアトピーと乳児湿疹がある

引用元:無料写真素材 写真AC(湿疹)

親がアトピー持ちだと、その生まれてきた子供の顔とか体に湿疹があるとアトピーだと思って落ち込むこともあると思う。

 

でも必ずしもアトピーだというわけじゃなく、「乳児湿疹」の可能性も高いです。

 

乳児湿疹っていうのは生まれたばかりの赤ちゃんや新生児の肌にできる湿疹のことで、

生まれて2週間~2歳を迎えるくらいまでに自然に治るものです。

 

何で湿疹ができるのかっていうと、

赤ちゃんは大人に比べて肌がデリケートでなために肌への刺激とか食べ物でアレルギー反応が起きやすくなっているから湿疹が出やすいんです。

 

乳児湿疹については下の記事で詳しく解説しています。

赤ちゃんの肌が赤いのはアトピーかも!乳児湿疹との違いと対策

 

さっきは乳児湿疹は子供が2歳を迎えるくらいまでにはほとんど治るって言ったけど、その乳児湿疹が長くなると皮膚科医はアトピーだと判断します。

 

長くっていうのは乳児期で2ヵ月くらいとも言われている。

でもこれは診断する医者によって期間とか皮膚状態で判断が分かれるし、かなりあいまいな判断になる。

 

アトピーの判断としては、まずかゆみが強いこと。

あとは首とか肘や膝の関節とかに湿疹が出たり、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すのがアトピーの特徴です。

 

乳児期意外だと症状が6ヶ月以上続いたらアトピー性皮膚炎と判断する医者が多いと思う。

 

仮に乳児湿疹からアトピーっていう診断をされても絶望しなくてもいい。

アトピーであっても赤ちゃんや幼児のアトピーは治りやすいんです。

 

下のグラフにもあるようにほとんどの子供が学生時代にアトピーは治ってるし、幼稚園に入る時点でアトピーの子供は100人に2~3人くらいにまで減ります。

引用元:http://www.garbagenews.net/archives/2240339.html

つまり赤ちゃんの時にアトピーになっても幼稚園に入る時点で96%くらいは治っているわけです。

 

僕もできればその中に入りたかったけど大人になるまで改善されなかった (´・ω・`)

まぁ大人のアトピーもちゃんとした治療をすれば改善されますので^^

スポンサーリンク

赤ちゃんは皮膚が薄いから湿疹が出やすい

人の肌のには「バリア機能」っていうものがあって、皮膚の感想を防いだり外部からの刺激(菌・紫外線・アレルゲン・その他の刺激物)から肌を守っています↓

引用元:https://kimeyaka-blog.com/dry-skin-cause-7397

赤ちゃんの皮膚は大人と比べてもとても薄いし、肌のバリア機能も強くないから刺激を受けやすくて湿疹が出やすい肌です。

 

ダニとかホコリなどのハウスダストの影響も受けやすいし、季節の変わり目のちょっとした寒暖差とか汗やおむつでも刺激になっちゃう (´・ω・`)

 

いろんなものに影響を受けやすい肌の状態だからかぶれの根本原因を特定するのは難しいですね^^

赤ちゃんの顔や体の湿疹の原因と対策

赤ちゃんの乳児湿疹とかアトピーは自然に治りやすいけど、湿疹が酷くならないための対策とか予防策は当然やったほうがいいと思う。

 

顔以外でも頭とか耳の周りも赤い湿疹ができやすくて、汁が出たり「かさぶた」になることもあるんです。

肌に湿疹ができる原因は肌のバリア機能が弱い事意外にもいくつかあるので解説していくね^^

赤ちゃんの肌は汗と皮脂の分泌量が多い

引用元:無料写真素材 写真AC(汗)

新生児期の乳児は皮膚活動が活発で、常に油っぽい皮膚です。

赤ちゃんの肌は大人よりも新陳代謝が盛んだから汗をかきやすいし、皮脂の分泌も多くなる。

 

体が小さいから皮膚の面積に対して毛穴が密集してるのも肌がべたつく原因なんだよね。

そうなると毛穴を塞いで湿疹の原因になる。

 

皮脂の分泌量が多いのは生後3~4ヶ月頃まででそれ以降になると治まってくるんだけど、酷くなると細菌感染が起こる事がある。

 

皮脂の過剰分泌が原因だから、お風呂に入ったときにしっかり洗って肌を清潔に保つのが良いです。

その時は刺激の少ない石鹸とかを使って、あまりゴシゴシ洗わないようにしてください。

 

赤ちゃんの肌はデリケートだから逆に湿疹が悪化することにもなります。

でも石鹸の泡はしっかりと落とすようにしないとかぶれて湿疹の原因になるから気をつけましょう。

 

湿疹がかさぶた状に大きくなってきて心配であれば1度小児科か皮膚科を受診したほうがいいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい

引用元:無料写真素材 写真AC(アトピー)

1.乳児皮膚の TEWL は生後 1 ヶ月から 4 ヶ月の間に生理的に上昇し、バリア機能の脆
弱化がおきている。

2.スキンケア介入によってこの時期のバリア機能の脆弱化を抑制することができる

引用元:http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-100819.pdf

※TEWLっていうのは水分蒸発量の事です。

 

上の引用にあるように、生後2ヵ月を過ぎる頃には皮脂の分泌が落ち着いてきて、今度は肌の水分量が低下して乾燥してきます。

 

乾燥が原因で起きる皮膚炎を「乾燥性皮膚炎」っていうんだけど、冬とか乾燥する季節になりやすいからそういう時期はこまめに保湿をしてあげてください。

 

特にお風呂上りは季節に関係なく乾燥しやすいから気を付けるべきです。

 

人の肌の表面には角質層っていうのがあって、そこには「天然保湿因子」や「セラミド」といった肌の保湿や肌自体を保護する役割がある↓

 

引用元:https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2016_12/01.html

赤ちゃんの皮膚は大人と比べてもとても薄いし、肌のバリア機能も強くないから刺激を受けやすくて湿疹が出やすい肌の状態です。

 

もともと赤ちゃんは湿疹が出やすいからどんなことをしてもあまり肌はキレイにならないと思う。

理由は新陳代謝が活発で、次から次へと汗と皮脂が出てくるから。

 

症状の悪化さえ防げれば、後は時間と共に自然と治まってくるものです^^

 

ほとんどの場合は洗顔と保湿をまめにすることで症状が悪化することを防げるし、自然と湿疹も治まってくるんだけど、

症状が悪化していく場合は迷わずに皮膚科を受診してください。

スキンケアはアトピーの発症抑制に期待ができる

下の引用文は、、生後早期からのスキンケアによるアトピー性皮膚炎発症予防が可能か否かを調べた研究結果です。

スキンケア介入によってアトピー性皮膚炎の発症を抑制したものと判断できるのではないかと考えました。

スキンケアだけで発症を予防できるとはいえませんが、ある程度は期待できる介入であり、

また、スキンケアの重要性を裏付ける結果であるといえます。

引用元:http://medical.radionikkei.jp/maruho_hifuka_pdf/maruho_hifuka-100819.pdf

研究結果ではスキンケアの介入で肌のバリア機能の弱体化を防ぐことができるとあるので、保湿をこまめにやることで肌の防御力を高められるということですね。

最後に

顔や体にできる湿疹は成長と共に自然と治っていくものであることは理解できたと思います。

 

どの家庭の赤ちゃんでも起こりうることだからあまり心配しなくてもいいけど、皮膚を清潔に保つことと乾燥を防ぐケアは大事ですね^^