ステロイドは大人だけじゃなく赤ちゃんや子どものアトピー性皮膚炎治療にも積極的に使われてるのが現状。

 

だけど、実は炎症を無理やり抑え込む強力なステロイド外用薬を使っていないアトピー治療の方が予後が良いことがわかっているんです。

予後=病気にかかった者について、その病気がたどる経過と結末に関する、医学上の見通し。

 

今回は「アトピー性皮膚炎の子供やあかちゃんにはステロイドは不要か」について解説します。

スポンサーリンク

先生

自分の赤ちゃんや子供がアトピーになったら、なるべくステロイドを使わないアトピーの方が予後が良いんです。

先生

調査結果もあるのでそれを基に解説しますね。

ネコさん

へぇー、じゃあ将来僕の子供がアトピーだったらステロイドを使わない治療をさせてあげたいな。

先生

ネコさん結婚する気あるんですねw

ネコさん

子供欲しい、孤独死嫌だからねw

そもそもアトピー性皮膚炎ってどんな状態?

そもそも、自分の赤ちゃんや子供のアトピーがどういうメカニズムで皮膚炎症として現れているか知ってますか?

 

自分がアトピー性皮膚炎じゃないとなかなかアトピーについて調べなくてお医者さんの言いなりでステロイド塗らせてるだけの親は多いと思う。

でもそれじゃアトピー治すの時間かかるし、将来的に悪化の可能性もある。

 

アトピー性皮膚炎は簡単に言うと、1つは「免疫反応の異常」ですね。

 

免疫って本来は悪いものに対して攻撃して撃退して体を守る働きをするんです。

風邪の菌とかウイルスに感染したら熱が出たりするでしょ?あんな感じ。

 

でもアトピーの場合は免疫細胞が過剰に反応し過ぎたり、敵じゃないものに対して戦ったりすることで皮膚に炎症が出る。

 

アトピーの人は胃腸が強くなくて食べたものを消化仕切れていない人が多い。

 

そうなると分解し切れなくて残ったタンパク質が腸壁を通過して、それを免疫細胞が「敵だ」と判断して攻撃する。

これが免疫反応の異常ですね、食物アレルギーとかもそう。

 

まぁ、それだけじゃなくてアトピー患者は皮膚バリアの異常で皮膚自体が外部の刺激に敏感になってるから皮膚が乾燥気味で痒くなりやすいっていうのもあるけどね。

ステロイドを使うと免疫が間違いを認識できない

ここで、免疫の仕組みを解説するね。

人間の体に本来無い外来性の異物の侵入を感知すると免疫が反応して異物を排除しようとする。

それとは逆に自己または内因性のもの(害の無いもの)には免疫は反応しない。

 

これが本来の正しい本来の免疫の反応で、これを専門用語で「免疫学的寛容」とか「免疫学的無反応」って言います。

 

アトピーは免疫が害の無いものに対して過剰に反応するっていう間違いを起こしている考え方がある。

 

免疫がその間違いを認識すれば修正プログラムが起動し、免疫学的寛容が成立して自然にアトピーが起こらなくなるというもの。

引用元:http://www.skin-rescue.net/public_html/protect/protect.cgi?id=yuya0314&pw=gQob9Uto&pdf=yogo

ステロイドを塗ることは「強力な薬剤で間違いを鎮静化」することになるから、間違いが認識されなくて症状が良くならない。

ステロイドを塗らずに自然経過させると免疫が間違いを認識して修正プログラムが起動して自然治癒していく。

 

免疫学的寛容の具体例としては、

  1. 赤ちゃんや子供の頃に食物アレルギーだったけど、そのうち成長するにつれて耐性ができて食べられるようになる例。
  2. 赤ちゃんの頃はアトピーが酷かったけど成長とともに自然と治った例。

 

ステロイドを使って免疫の間違った攻撃による炎症を一時的に強引に抑えるような事をするより、

予後が良いステロイドを使わない治療法をする方がいいんじゃないの?(´・ω・`)っていう仮説ができる。

スポンサーリンク

ステロイドを使った後の治療は改善度が低く時間もかかる

で、実際にその仮説を検証したデータがあるんですね。

 

下は、最初の診察を受ける段階で、これまでにステロイドの使用経験のある子供と無い子供のそれぞれの改善度を示しているグラフ。(対象年齢0~13歳以下)

引用元:http://www.skin-rescue.net/public_html/protect/protect.cgi?id=yuya0314&pw=gQob9Uto&pdf=yogo

ステロイド不使用例が使用例の件数よりも大幅に少ないけど、著名改善が「ステロイド使用例」よりも多くて、

ステロイド不使用の248例の内の半数以上の150例以上が著名改善ていう結果になった。

 

じゃあ次に、ステロイドの使用期間の長さ短さで改善度に差があるかどうかっていう結果が下のグラフ。

引用元:http://www.skin-rescue.net/public_html/protect/protect.cgi?id=yuya0314&pw=gQob9Uto&pdf=yogo

グラフを見てわかる通り、ステロイドの使用期間が長いほど改善度が低くなる結果になっていて、不思議だけど女の子より男の子の方がステロイドの影響を受けやすい可能性もわかるね↑↓

引用元:http://www.skin-rescue.net/public_html/protect/protect.cgi?id=yuya0314&pw=gQob9Uto&pdf=yogo

大人が脱ステロイドをするにも、ステロイド使用期間が長いほどひどいリバウンドが出るし長引くっていう事実も納得できる。

 

最後に

ステロイドは炎症を強制的に抑える効果があって体は一時的に楽になるから、僕は今までかなりステロイドに助けられた。

特に幼少期はひどかったからね (´・ω・`;)   

 

でも当時はステロイドを塗ってればその内勝手に治ると思って医者の言うとおりにステロイド塗りまくってただけだったしそれがダメだった。

免疫細胞の異常攻撃を理解して体質改善をしないとアトピー性皮膚炎は治らない。

 

アトピーの原因って人によって何が強く影響しているか違ったりするし、アレルゲンが何か無いか調べることも大事。

 

僕個人の意見としては、

自分の赤ちゃんや子供がアトピーだったら、ステロイドで治療することを第一に考えないで自然治癒力を生かしながら別の治療法をメインに考える方を選ぶかな。

 

ステロイドに頼らないで体質改善する治療法ってたくさんあるし、ステロイドをたくさん使って大人になっちゃうと治りが良くないし時間もかかる。

 

ステロイドは一時的に炎症を抑えたいときだけ使って、メインは体質を改善させる取り組みを心がけようね(。╹ω╹。)

乾燥を防いだり、かゆみを抑えるおすすめアイテムはこちら。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク